Spirentサークルロゴ

データシート

5G E2Eアプリケーションベースのシミュレーションテスト(EAST)ラボ


5G垂直アプリケーションの商業化を加速させるために

世界中で5Gネットワークが加速度的に展開されり、より多くの消費者がモバイルネットワークで高パフォーマンスのeMBBサービスを利用しています。技術標準の発展に伴い、URLLCとMMTCが他の分野への適用が進み、5Gを垂直産業へ展開する基盤が整いました。

5Gベースの垂直アプリケーションの展開には、2つの課題が存在します。

まず、産業アプリケーションは多岐にわたり、5Gネットワークの機能に対する要件も様々です。業界のお客様はは、パフォーマンス要件を満たすだけでなく、ネットワークのリソースを無駄にしないために、各産業アプリケーションにマッチしたネットワークスライスを求めています。アプリケーションとネットワーク機能をマッチさせる作業には、各種のネットワーク性能をシミュレートできる、非常に柔軟な実験環境が必要です。

次に、多くの産業アプリケーションでは現場条件は非常に複雑です。端末と基地局は、建物の陰影がもたらすマルチパス効果、移動するシーンがもたらすドップラー効果、悪天候がもたらすフェージング効果など、無線信号の伝搬経路の複雑さに直面していますな。さらに、実際の有線ネットワークにおける長距離時間遅延、ジッター、パケット切れ、パケットロス、バーストトラフィックなどは、垂直アプリケーションの設計・開発プロセスにおいて、可能な限り網羅的に検証・テストされることが期待されます。このため、複雑なネットワーク伝送条件を構築できる実験環境も必要となります。

Spirent Communicationsのアプリケーションをベースにした5G E2Eのシミュレーションとテスト(EAST)ラボは、、垂直アプリケーションの複雑なフィールド信号伝送条件を持つ5Gネットワークのセットを19インチラック内に提供し、お客様が特定の5G環境を容易に構築できるようにし、高度に統合された自動ソフトウェアインターフェースを通じて主要KPIを検証し、お客様の垂直アプリケーションの商業化を促進するお手伝いをします。

データシートのダウンロード