Spirentサークルロゴ

ケーススタディ

5G向けの大規模なスモールセル展開の課題を解決


さらなるアクティベーション より少ない発信 より速いROI

closeup-clock-870x490

オペレーターは、日々カスタマーに高品質のモバイルサービスを提供することを約束しています。5Gは消費者の期待を高めており、従ってサービスプロバイダーのハードルも高くなっています。5Gのビジネスケースは、密接した無線カバレッジの中に数百万の接続ユーザーがいる想定で低レイテンシが要求されます。そうした状況で、小規模のセルやバックホールリンクの立ち上げやその後の稼働でSLAを遵守するためには、自動化による継続的なアクティブテストが不可欠となります。従来型の手動によるテスト方法は、現在および将来的なニーズに適合する上で非現実的です。

本ケーススタディでは、米国の大規模サービスプロバイダーがネットワークを拡大する上で直面する課題について概要を説明し、小規模のセルやSLAを管理する上で、導入における時間短縮や運営コストの節約という面でテストプロセスの自動化が彼らにもたらすメリットについて詳述します。

ケーススタディのダウンロード