Spirentサークルロゴ

電子ブック

セキュアなSD-WANへの道のりの確保


スーパーハイウェイ、さもなければ交通渋滞? セキュアなSD-WANの必要性

paving-the-way-sd-wan

SD-WANは、物理的なオンプレミスの接続確保から、クラウドを中心とした形態へ、素早く進化しています。この動きは、リモートワークが広く普及し、同時にネットワーキングが再定義された、Covidパンデミックによりさらに加速しました。この突然の変化により、脅威が高度化し、それを受けて包括的なセキュリティの緊急性と重要性が増しています。

SD-WANが直面する新たな現実を受けて、クラウドベースのアプリケーションとデータにアクセスするため、セキュアアクセス・セキュアエッジ(SASE)と呼ばれる新しいポリシーベースのセキュリティ管理フレームワークを、ゼロトラスト(ZT)認証と同時に採用する必要性が生まれました。セキュアなSD-WANの採用には、ネットワーキングと最適化で複雑な機能セットが必要となります。

御社が計画通りにソリューションの目標へ到達できるよう、セキュアなSD-WANの複雑さを緩和し可能性を引き出すための3ステップのガイドラインを策定しました。

  • スタックを詳しく考察:専門家のガイダンスを得て、ベンダー、レイヤー、サービスを検証しましょう。

  • リスクを未然に防止: セキュリティ防御機能を検証するため、より積極的でベンダーに依存しないアプローチを採用しましょう。

  • ライフサイクルを途切れなく継続: あらゆる段階で、包括的で継続的な試験を実施しましょう。

SD-WANは大きく成長する可能性のある機会です。今すぐeブックをダウンロードし、複雑性とコストを緩和する方法をご覧ください。

電子ブックのダウンロード