Spirentサークルロゴ

レポート

Analysys Mason:5Gとクラウドエッジアプリケーションの保証


analysis-mason-report-620

5Gの開始は、通信サービス業者(CSP)がレガシーネットワークから新たなデジタルサービスの提供をサポートできる仮想化されたクラウドネイティブのインフラへ移行できるようにする、革命的な出来事です。こうした5Gネットワークで新たなサービスベースのアーキテクチャを活用し、エンタープライズとコンシューマーのユースケースで低レイテンシのアプリケーションをサポートするために高パフォーマンスのコンピューティングをサービス地点へ近づけることのできる、エッジクラウドとネットワークスライシングのテクノロジーが実現できます。

高いエクスペリエンス品質(QoE)を保証するため、CSPは複数のネットワークドメイン(コア、転送、RAN)と様々なクラウドインフラ(パブリック、プライベート、エッジ)にまたがってリアルタイムかつエンドツーエンドの可視性を得る必要があります。仮想化ネットワーク機能(VNF)がパブリッククラウドへ移行される中、仮想化された試験エージェントを使用し試験トラフィックを合成してネットワークへ挿入するアクティブアシュアランスの試験ソリューションが、サービスネットワークライフサイクル全体でアプリケーションのパフォーマンスをエンドツーエンドで監視するために重要な役割を果たします。このアプローチにより、CSPはサービスの始動前後でサービスレベル契約を満足していることを検証し、期待されるQoEを保証します。レポートをお読みになれば、以下の内容をご理解いただけます:

  • 5Gがネットワーク機能を実現しエンタープライズアプリケーションをサポートする仕組み

  • アシュアランスソリューションが5Gとテレコムのクラウドの複雑さを解消する仕組み

  • 通信業者のクラウドおよびエッジベースの5Gサービスでアシュアランスが果たす重要な役割

  • CSPへの推奨事項

寄稿アナリストの紹介:

Michelle Lam(リサーチアナリスト)は、ロンドンに所在するAnalysys Masonの通信業者ソフトウェアとネットワーク研究チームで、アプリケーション分野を担当するメンバーです。彼女はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)で物理学の学士号と量子テクノロジーの修士号を修めており、同校で学生自治会の学部代表を務め、UCLのブロックチェーンテクノロジーセンターで研究を補佐しました。彼女はまた機械学習と実験物理学のデータアナリストとしても従事し、ロンドンのナノテクノロジーセンターで量子コンピューティングを研究しました。Justin van der Lande(リサーチディレクター)はAnalysys Masonの通信業者ソフトウェアとネットワーク研究チームの一環である、アプリケーション分野の研究を統括しています。彼はビジネスインテリジェンスと分析ツールを専門とし、通信業者の業務プロセスとシステムで活用されています。さらに、JustinはAnalysys Masonでコンサルティングと特注の大規模なカスタムの研究プロジェクトで専門知識を提供しています。彼は通信業界でソフトウェア開発、マーケティング、研究で20年以上におよぶ経験を有します。彼はNCR/AT&T、Micromuse (IBM)、Granite Systems (Telcordia)、TM Forumで上級職を歴任しています。Justinはウェールズ大学で経営科学とコンピューター研究の学士号を取得しています。

レポートのダウンロード