Spirentサークルロゴ

レポート

エッジコンピューティングの誇張された噂から真実を抽出


GALP Primary 620x200

レイテンシ低減を求める企業ユースケースを支援するために通信業者が体制を整える中、5Gのマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)サービスが急速に注目を集めています。しかし、現時点ではエンドユーザーがアプリケーションに期待するパフォーマンスと、ネットワークプロバイダーが実際に提供できる内容にはまだ開きがあります。

SpirentとSTL Partnersが協力し、エッジの潜在顧客から150以上ものインタビューを経て、実世界でのエッジネットワークのテストやその他に関する真実をお届けします。私たちの目標は、エッジコンピューティングの誇張された噂から真実を抽出して提供し、将来への計画を支援することです。

ウェビナーは、以下のトピックを扱います:

  • サービスプロバイダーと企業エンドユーザーの潜在顧客に対するインタビューに基づく、低レイテンシサービスに関する市場の期待

  • 米国と日本におけるMECレイテンシとパブリッククラウドレイテンシのベンチマーク化

  • 現時点のサービスが対応できるエッジのユースケース種類など、実世界のMECレイテンシに対する期待に市場がどの程度応えているかの実情

  • 追加のエッジユースケースをサポートするためにMECレイテンシを改善するうえでの推奨事項

Website GIF 570x800

レポートのダウンロード