Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

AFCEA Signal MagazineとSpirentの共同ウェビナー



能動的な評価とオートメーションを用いてミッションクリティカルなサイバーセキュリティ戦略を補完

国防機関と諜報組織は、クラウドインフラやSASE/SD-WANなどの専門家サービスをますます活用して、拡大する任務目標へ素早く効果的に対処するようになっています。成功を収めるには、進化し続けるネットワーク、ポリシー、ソフトウェアのアップデート/パッチ、脅威状況など、必然的に発生するリスクを緩和する戦略が必要です。このウェビナーでは、サイバー脅威を事前に評価して強力なサイバーセキュリティ戦略を構築することで、セキュリティに対する投資が現在および将来において期待通り効果を発揮するか、評価しやすくなることを理解できます。以下の重要性を学べます:

  • 複雑なハイブリッドネットワーク全体の脅威ベクトルの現実に即したエミュレーション

  • MITRE ATT&CKなど、コミュニティベースの脅威インテリジェンスネットワークの活用

  • 最新の最も大きな脅威ベクトルに対するセキュリティ効果の検証

  • セキュリティ体制の逸脱またはデジタルユーザーのエクスペリエンスに対する影響を特定するための、ベースライン(特に変更管理)に対する自動化された定期的な評価

講演者:

  • Sashi Jeyaretnam:製品開発担当シニアディレクター、Spirent Communications

  • Reza Saadat:シニアテクニカルマーケティングエンジニア、Application and Security Group

  • Kimberly Underwood:上級編集者、SIGNAL Media