Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

電波妨害やスプーフィングに対する堅牢性を、マルチアンテナGNシミュレーションにより向上


webinar-Improving-Jamming-and-Spoofing-Robustness-620x200

電波妨害やスプーフィングに対する措置は、ミッションクリティカルなGNSSレシーバーやGNSSに依存するシステムに不可欠となりつつあります。軍事分野では、ミッションクリティカルなPNTシステムを保護する必要性から、適応アンテナの開発が進み、測量、鉱業、自律走行車などの用途でも使用されるケースが増えています。適応アンテナシステムは全面的にテストする必要があり、特に安全性や法的責任に関連する状況においては、特に必要とされます。

本ウェビナーでは、適応アンテナを信頼性の高い方法でテストすることの困難さを詳細に説明し、テスト要件を確立する上で必要なガイダンスを提供します。

次に、アンテナ配列がマルチアンテナであるGNSSレシーバーが備える、先進の耐妨害波・スプーフィング防止技法のパフォーマンス評価における、GNSSコンステレーションシミュレーターの使用にフォーカスします。この模様は、ドイツエアロスペースセンター(DLR)で行われた直近のリサーチで、付随する電波シナリオにおけるビームフォーミング、到着方向の推察、スプーフィング検出の結果により例証されています。

対象のトピック

  • 適応型アンテナの特性評価

    • 適応アンテナシステムはどのように機能するか

    • 適応アンテナをテストする上での課題

    • テスト方法の選択

  • マルチアンテナGNSSシグナルシミュレーターのサポートにより、耐妨害波・スプーフィング防止機能を持つアレイ受信機を開発

    • 動機付けおよび開発プロセス

    • マルチアンテナGNSSコンステレーションシミュレーターのテスト設定の概要

    • 電波妨害とスプーフィングのシナリオ:結果と結論

ウェビナーを見る