Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

パラダイムシフト-ネットワークのためのDevOps


5GやSD-WANなどのNFVテクノロジーがもたらす新たな複雑さに対応するため、大手ネットワーク機器メーカー(NEM)、ネットワークサービスプロバイダー(NSP)、および企業は、DevOpsエンジニアリング手法を用いてバリューストリームを戦略的に変革しています。これらのプラクティスは、運用の効率性と品質を向上させながら、新しい機能やサービスを迅速に提供することを約束します。

しかしネットワークの世界では、バリューストリームはNEMによる機能の開発に始まり、NSPによるライブネットワークでの展開に終わります。

本ウェビナーは、ネットワークのDevOps(NetDevOps)に対する考察を広げ、CD3(継続的な開発、継続的な提供、継続的な展開)の実務について解説します。-CD3により、企業は市場投入までの所要時間を劇的に短縮でき、アジリティ、効率性、品質という事業目標を同時に達成できます。CD3は両方向でメリットが得られます:

  • NEM各社は、顧客であるNSPに対して、ベンダーという立場からパートナーとなり、競争面でメリットが得られます。

  • NSP各社は、ネットワークサービスの提供を、数ヵ月単位から数日に短縮でき、顧客満足度を向上させ、最終的に収益を高められます。

Devops for networks

本ウェビナーには、基調講演、ライブディスカッション、視聴者とのQ&Aセッションも収録されています:

  • Marc Hornbeek、CEO兼プリンシパルコンサルタント、エンジニアリングDevOpsコンサルティング担当

  • Pierre Frigon、創業者兼プリンシパルコンサルタント、iLeadAgile担当

  • Clark Whitty、Spirentのプリンシパル・プロダクト・ラインマネージャー

ウェビナーを見る