Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

5Gワイヤレスデバイスのテストに向けた衛星チャンネルのモデリング


Satellite Channel Modeling for 5G Wireless Device Testing

3GPPは最近の開発にて、従来の地上波セルラー5Gシステムへ衛星コンポーネントを導入しました。非地上系ネットワーク(NTN)へアクセスする目的は、特にミッションクリティカルな環境にて、セルラーネットワークでは届かない過疎地をカバーするためです。標準の地上波モバイル通信は、長年にわたって実際の伝播条件に対してテストされてきました。これはすべてのワイヤレスシステムで基本を成す設計条件であり、非地上系ネットワークも例外ではありません。

3GPP仕様TR 38.811「非地上系ネットワークに対応する新無線(NR)の研究」では、シャドウイング、屋外-屋内(O2I)損失、クラッタ損失、経路損失などの大規模パラメーターや、衛星通信アプリケーション特有の小規模パラメーターに使用されるチャンネルモードが詳細に解説されています。今回のウェビナーではこれらをまとめて紹介します。また、衛星トランシーバーのパフォーマンスに対する新たな課題を克服するための、効果的な5G NTNテストを可能にする、無線チャンネルのエミュレーターで重要となる機能についても解説します。講演者:David Garrison_Spirent Communicationsの5G RFパフォーマンス担当シニアディレクターAlfonso Rodriguez-Herrera_Spirent CommunicationsのRFチャンネルエミュレーション担当シニアソリューションアーキテクト

ウェビナーを見る