Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

5Gはクラウドを破壊するのか?


Will 5G Break the Cloud

5Gが初期の普及段階から成熟期に入るにつれ、新たな収益機会を見出すことが急務となっています。ゲーム、AR/VR、ビデオコンテンツ、セキュリティ監視など、検討されている有望な分野は数多くあります。これらの次世代サービスに必要なパフォーマンスとレイテンシーを提供するためには、クラウド・アーキテクチャに5Gを全面的に採用する必要があり、それは通信事業者のクラウド、パブリック/プライベート・クラウド、エッジ・クラウドのいずれに対しても、かつてないほどの需要を発生させます。

Analysys Masonのテレコム・ソフトウェア・アンド・ネットワーク・グループのアプリケーション・リサーチ・ディレクターであるJustin van der Lande、Spirentのクラウド・ソリューション担当バイス・プレジデントであるAloke Tusnial、Spirentのマーケット戦略担当ヘッドであるStephen Douglasが、5Gとクラウド・テクノロジーの複雑な関係性について探り、5Gはクラウドを破壊するのか?、という質問に答えます。

このLight Readingのウェビナーでは、以下の内容を取り上げます。

  • 新しい5Gサービスのパフォーマンスとレイテンシーの要件が、通信事業者、パブリック/プライベート、エッジ・クラウドにどのような影響を与えるか

  • 5Gがクラウドネイティブになることの意味と、それがもたらすテストの大きな問題点

  • 異なるタイプのクラウド間の可視性が5Gにとって非常に重要な理由と、それに対応できない場合の問題点

  • エッジサービスへの移行が、この可視化の課題をどのように悪化させるか

  • 可視性を向上させ、クラウドが5Gに必要なパフォーマンスを確実に提供するための新しいテストおよび保証技術とCICDプラクティス

ウェビナーを見る