Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

ネットワークの自動化を加速


旧式または初期の、仮想テレコムネットワークの自動化に向けた実務ガイドライン

sc-James-Crawshaw

サービスプロバイダーは、相反するニーズに直面しています:新たなサービスの早急な立ち上げ、大幅なコスト削減、そして差別化されたサービス品質の確保です。

これらのニーズを全て満たせるのがネットワークの自動化ですが、自動化の導入には多くの費用と時間が付き物です。新しいクラウドネイティブなネットワークはこうした約束事に変化をもたらしますが、それは何年も先の話であり、それまでプロバイダーは待てません。現在の物理ネットワークと初期の仮想ネットワークで、迅速かつコスト効率良く自動化を進めるための実務ガイドラインを、本ウェビナーでご覧ください。

本ウェビナーでは、以下の点を網羅します:

  • 電信会社における現在の自動化トレンドとネットワーク仮想化編成の導入状況

  • ネットワーク仮想化の現状とクラウドネイティブなネットワークへの移行状況

  • クラウドネイティブなサービスへの保証の原則および最新のネットワークへの適用性

  • 旧式のネットワークや初期の仮想ネットワークを自動化する際に目指すべきユースケース

  • ケーススタディ:トッププロバイダーによる、ネットワークの自動化に向けたクラウドネイティブなサービスへの保証の導入

James Crawshaw

OSS・BSSトランスフォーメーション担当シニアアナリスト

Heavy Reading

Jamesは、Heavy ReadingでOSS・BSSリサーチサービスを担当しています。彼は、カスタマー、ビジネス、サービス、インフラストラクチャーの管理で通信サービスプロバイダーが使用するソフトウェアの幅広さを検証します。Jamesがカバーする範囲は、BSS、OSS、SDP、ポリシーマネジメント、収益保証、サービス保証、アナレティクス、ビジネスインテリジェンスです。特に、SDNやNFVがオペレーターのITシステムに及ぼす影響に注力しています。

Heavy Reading入社前は、様々な投資銀行や産業リサーチ会社で15年に渡り、テクノロジー企業やテレコム企業を担当した経験を持ちます。業界の経営コンサルタントとしての経験も持ちます。

イギリスのUniversity of Manchesterで、Electrical and Mechanical Engineering専攻のBScおよびMEngを取得しています。

Jay Stewart

Virtual SolutionsのシニアPLM

Spirent

Jay Stewartは、30年以上に渡り通信サービスプロバイダーでより早いサービスの立ち上げ、高いサービス品質の確保、オペレーションコストの削減に取り組んできました。現在は、サービス保証担当シニアプロダクトラインマネージャーとして、Spirentの仮想化ストラテジーに対する責任を担っています。役割の一部として、業界トップのサービスプロバイダーと密に連携し、これら企業のテストおよび保証プロセスを、ラボと製造現場の両方で自動化するためのサポートを提供します。Spirentに入社前は、JDSUのイーサネットサービス部門でマーケティング担当ディレクターを務め、イーサネットのサービスアクティベーション、パフォーマンス監視、トラブルシューティングを対象としたテスト製品に責任を持っていました。

ウェビナーを見る