Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

防衛無線システムのためのSDRとRFチャンネルエミュレーションの進歩


sc-advances-in-software-defined-radio

5Gに触発された進歩は、軍事通信システムの設計とテストにも応用されています。

大規模MIMO やビームフォーミングから、mmWaveや高帯域幅チャンネルに至るまで、RFテクノロジーは、通信、電子対策、メッシュネットワーク、地対空および戦略的エンドポイントなどに適用が可能です。

SIGNAL MagazineのEditor-in-ChiefであるBob Ackermanによる本AFCEAウェビナーでは、商業無線業界におけるトレンドや、重要な機能のプロトタイプ化、テスト、導入において、どのようにSDRが活用されているかについて説明します。また、RFフェーディング、ノイズ、リフレクション、ドップラー効果、敵国の妨害電波などをラボでシミュレートするためのRFチャンネルエミュレーションについて、最近の開発トレンドを開設します。Spirent CommunicationsとNational Instrumentsの協賛です。

注目のスピーカー:

Haydn Nelson

National Instrumentsの米州マーケティングマネージャー、

SDR担当

Haydn Nelsonは、航空宇宙産業のRFやSDRで技術的リーダーとして15年以上の経験を持ちます。MIT Lincoln Laboratoryでキャリアを開始し、最先端のFPGAテクノロジーやレーダーシステムのリサーチに従事しました。2009年にRFシステムソフトウェアエンジニアとしてNIに入社して以来、FPGAテクノロジーに意欲的に取り組み続け、RFテスト方法の近代化に貢献しました。現在は、NIおよびSDRの米州Ettus Researchブランドでマーケティングマネージャーを務めます。

Dave Garrison

5G RFパフォーマンス担当シニアディレクター

Spirent Communications

Dave Garrisonは、新製品開発、事業開発、製品管理、戦略的プランニングなどの分野で、合わせて25年を超える経験を有します。グローバルRFチャンネルのエミュレーションのチームを率い、重要な5G無線通信のパフォーマンスに対する保証を担当します。また、5Gテストの複雑さや経済学を簡素化する革新的なソリューションを提供することに注力し、5G実装の向上をスピードアップするためのサポートを提供します。Rensselaer Polytechnic InstituteでBSおよびMS(電気工学専攻)を取得し、現在はニュージャージーで勤務します。

Rob Harris

エグゼクティブバイスプレジデント

Harris氏は、主に防衛および航空宇宙セクターで25年に渡って活躍し、国際事業開発のプロフェッショナルリーダーとして、またエグゼクティブとして多くの経験を有します。ソリューションの販売、プロダクトマネジメント、測位、グローバル顧客管理などで実績があります。カスタマイズ製品のエンジニアリング、堅牢な組み込みシステム、精密テスト、導入されたアプリケーションの計測機器などで、豊富な技術的なバックグラウンドを持ちます。年間売上で3億ドルに相当する7つの企業を買収した実績を持つコーポレート開発チームで、シニアメンバーを務めました。

ウェビナーを見る