Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

Analysys Masonのウェビナー-ネットワークを今すぐ自動化する SD-WANおよび5Gのユースケース


ネットワークを今すぐ自動化する:SD-WANおよび5Gのケーススタディ

Spirent & Analysys Mason

クラウドネイティブを利用した、電信会社の極端な自動化が引き続き見られますが、この過程に要する時間が予想を大幅に超えるということを、業界全体が認識し始めています。

一方で、プロバイダー各社は、SD-WANや5Gなどの次世代サービスを早急に立ち上げ、また旧式のネットワークシステムの運営コストを大幅に削減する必要性に迫られています。自動化は、これらの目標を達成する唯一の方法ですが、プロバイダー各社が現時点で自動化に着手する上で、実用的なアプローチが必要となります。

このウェビナーでは、サービスプロバイダー各社が持つ旧式のネットワークの自動化ニーズや、SD-WANや5Gの導入過程をサポートする上で、Automated Assuranceシステムがどのように変化しているかについて、Analysys MasonのAnil Raoが説明します。Anil Raoに加え、SpirentのRoss Cassanが、SD-WANサービスや複数のプロバイダーにまたがるサービスを含む、物理環境や初期の仮想環境における自動化の導入について、実在するケーススタディを紹介します。また、これらのケーススタディで紹介する実用的なアプローチが、どのように5Gに適用され、またクラウドネイティブなネットワークの未来形で採用される、より広範囲な自動化基盤をどのように構築するかについて、Ross Cassanから説明があります。

対象となる主要トピック:

  • ネットワークの仮想化に関する過剰宣伝と現実

  • サービス保証の転換によりネットワークの自動化を可能に

  • 既存のネットワークの自動化を可能とする実用的なアプローチ

  • サービスアクティベーション、品質モニタリング、故障の切り分け、変更管理について、実在する自動化の事例を用いたケーススタディ

  • SD-WAN、5Gネットワーク、複数のプロバイダーにまたがるサービスの自動化

参加予定者:

エグゼクティブ、マネージャー、通信サービスプロバイダーの設計者(オペレーション、エンジニアリング、クオリティ、テクノロジーの各グループ)、大手多国籍企業

講演者:

Kelly Hill、RCR Wireless Newsのエディター

Anil Rao、Analysys Masonのプリンシパルアナリスト

Ross Cassan、Spirentのシニアプロダクトマーケティングディレクター

ウェビナーを見る