Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

5G時代の到来に間に合う堅固な自動化ソリューションを提供する方法


5G graphic

5Gの初期の導入を前に、通信サービスプロバイダー各社は、堅固な自動化ソリューションを提供する差し迫ったニーズを満たす上で、業界に協働を呼びかけています。こうした呼びかけは、仮想化について過剰とも言える宣伝が数年に渡って続いたものの実現せず、オープンソースのプラットフォームの導入がかたちにならない状況を受け、始まりました。自動化への取り組みが、ダイナミックな5Gネットワークが期待に応えられるような段階に至ったかどうかが問われる状況で、業界にとっては正念場となっています。良いニュースとしては、自動化の導入に実利的なアプローチが一般的となりつつあり、ネットワークスライスアクティベーションなど特定のユースケースが、通信サービスプロバイダー各社、そして業界にとって、自動化で早期に結果を出すための、手が届くオプションとして提供されていることです。

ウェビナーには、以下のトピックが掲載されています:

  • 5G、クラウドネイティブ、自動化テクノロジーの現状

  • 自動化を導入する上での課題:5Gに対応できる段階に来ているか?

  • 通信サービスプロバイダーのトップ企業にとって、自動化に向けてハードルの低いオプション

  • 5Gにおける自動化された品質保証の役割

  • ネットワークスライスアクティベーションによる自動化のユースケース

講演者

  • James CrawshawHeavy ReadingのサービスプロバイダーITおよび自動化担当シニアアナリスト

  • Ross Cassanプロダクトマーケティング、ライフスタイルサービス保証部門のシニアディレクター

How to deliver robust automation in time for 5G

ウェビナーを見る