Spirentサークルロゴ

ウェブセミナー

RFテストのニーズに対応した5Gチャネルモデリングの簡素化


sc-Fierce Webinar ACM social post

包括的なテストは、特に大規模なMIMOやビームフォーミングなど5Gで導入された新たな複雑さに対応するため、ワイヤレス製品の開発に不可欠なステップです。

この分野におけるテストは、RFコミュニケーションについてや、無線シグナルの動作を様々なシナリオ下で特徴付けるチャンネルモデルを作成する能力についての、深い理解を必要とします。これらは通常、高度な訓練を受けたワイヤレスエンジニアのみが有するスキルです。しかし現在は、ユビキタスな機能を提供する5Gネットワーク時代を迎え、幅広い産業のエンジニアが無線接続用の製品を開発しています。こうしたエンジニア達は、テストの複雑さを低減し、開発した製品の市場化を早めるとともに、低いコストとピークパフォーマンスを持つ、ユーザーフレンドリーなテスト機器を用いて、製品デザインを検証できる環境が必要です。

実際の5G環境に関する複雑性についてや、3Dチャンネルモデリングソフトウェアが、ラボ環境における複雑な伝播シナリオの作成を、いかに簡素化するかについては、ウェビナーをご覧ください。

注目のスピーカー
David Garrison
5G RFパフォーマンスの担当シニアディレクター
Spirent Communications

Dave Garrisonは、新製品開発、事業開発、製品管理、戦略的プランニングなどの分野で、合わせて25年を超える経験を有します。グローバルRFチャンネルのエミュレーションのチームを率い、重要な5G無線通信のパフォーマンスに対する保証を担当します。また、5Gテストの複雑さや経済学を簡素化する革新的なソリューションを提供することに注力し、5G実装の向上をスピードアップするためのサポートを提供します。Rensselaer Polytechnic InstituteでBSおよびMS(電気工学専攻)を取得し、現在はニュージャージーで勤務します。

ウェビナーを見る