Spirentサークルロゴ

ホワイトペーパー

積極的に未来を切り開く


アシュアランスに対する思考方法の切替

wp-620-typing-on-laptop

サービスアシュアランスの戦略はこれまで、分散されたシステムと技術者による手作業に頼りがちでした。ネットワークのトラフィックを受動的に監視するオペレーターは、ほとんどの問題を特定できましたが、顧客がサービスレベルの劣化を体験するまで気づかないことが頻繁に起こっていました。NFVと5Gの実装が増えるにつれてネットワークがよりダイナミックさを増すため、パッシブアシュアランスのアプローチだけでは、エンドツーエンドでの検証を行えません。また、新たなテクノロジーがもたらす深刻な課題を克服するには不十分です。

ダイナミックなネットワークでこうしたテクノロジーの品質と安定性を保証するには、サービスアシュアランスはテクノロジーとサイロ化されたドメインの垣根を超えて、統一的なアプローチをとる必要があります。ネットワークインフラの検証からサービスのテスト、および運用のアシュアランスに至るまで、ライフサイクル全体にわたって、5GとNFVのサービスを継続的にテストし、保証しなければなりません。ラボや生産ネットワークで行われてきた従来の手順を、アクティブテストを伴う、シームレスで連続したDevOpsプロセスへ進化させなければなりません。

アクティブテストを通じて、サービスプロバイダーはパフォーマンスと品質を能動的に評価でき、そうした複雑さを緩和するために必要な自身の能力を高められます。包括的な自動化アプローチの一環として組み込まれたアクティブテストは、ダイナミックに構成されたサービスを稼働前にテストして保証できる、唯一の方法です。顧客がネットワーク上で問題を経験する前に、サービスプロバイダーが検出して解決できるようにします。ネットワーク仮想化のおかげで、アクティブテストはネットワーク全体へ実装できるほどに低価格となったため、ネットワークの自動化を実現する重要な要素と化しています。

ホワイトペーパーのダウンロード