Spirentサークルロゴ

ホワイトペーパー

5Gネットワークでの衛星通信のテスト


vertex-satellite-white-paper-620x200

5G NTN(非地上系ネットワーク)では従来の地上モバイルセルラー5Gシステムへ衛星通信の要素が導入されるため、最新の3GPP開発状況では信号が減衰する条件で衛星通信をテストする必要が生まれています。3GPP仕様TR 38.811「非地上系ネットワークに対応する新無線(NR)の研究」では、シャドウイング、屋外-屋内(O2I)損失、クラッタ損失、経路損失などの大規模パラメーターや、衛星通信アプリケーション特有の小規模パラメーターに使用されるチャンネルモードが詳細に解説されています。こうしたモードは無線伝播を最も詳細に再現していますが、各アプリケーションにとって最も重要なパラメーターに従い、新しい衛生通信送受信機のパフォーマンスを体系的に評価する必要があるため、一連の新たな課題が生まれています。最高の成果を得るためには、新しい3GPP仕様に従ってチャンネルモデルをエミュレートするだけでなく、衛星通信の送受信機が障害を起こす原因を考慮し、ラボ内でこうしたパラメーターへ悪影響を及ぼすモデルを探るほうがよいでしょう。このホワイトペーパーを読み、体系的に衛星通信をテストするために推奨される試験マトリクスの基盤を形成する方法をご覧ください。これは、対象を絞ったNTNアプリケーションへさらに精錬させることができます。

ホワイトペーパーのダウンロード