Spirentサークルロゴ

ホワイトペーパー

クラウドアプリケーションの移行を保証かつ加速


AdobeStock 296659301

サービスプロバイダーは、VMwareのインフラストラクチャーのプライベートデータセンター(DC)で、数千にも及ぶ基幹業務のアプリケーションをホストして運営します。

これらのアプリケーションは、非常に様々なワークロードを生成します。一部は安定的ですが、その多は定期的な変動、季節性、アノマリーの対象となります。

ワークロードが安定している場合、サービスプロバイダーは従来型の容量プランニングが可能となり、データセンターで保有する設備を効率的に使用できます。一方で、ワークロードが変動する場合においては、最悪のシナリオを想定し、それに合わせた仮想インフラストラクチャーの整備が必要となります。したがって、効率的な設備投資は望めません。ピークシーズンを除き、ワークロード対比で過剰な仮想インフラストラクチャーを維持することになります。

サービスプロバイダーは、アプリケーションを選別してパブリッククラウド移行することで、コンピューティングや他のリソースに関して柔軟性が得られるという、メリットを享受できます。このアプローチでは、「平時」にはプライベートインフラストラクチャーを活用し、ピークシーズンに追加となるワークロードには、クラウドコンピューティングを活用できます。クラウドに全てのアプリケーションを移行することもでき、状況に応じてスケールアップ・ダウンすることが可能となります。本ペーパーは、クラウドへの移行を保証するベストプラクティスや、関連して発生する課題を克服する方法について解説します。

White Paper: Assuring and Accelerating Cloud Application Migrations

ホワイトペーパーのダウンロード