Spirentサークルロゴ

ホワイトペーパー

巨大化へのスケーリング:クラウドでの100万台の仮想マシンについて負荷テスト


sc-scaling_to_huge

クラウドをホストするために、パワフルなデータセンターの構成をご想像ください。ハードウェア面では、サーバーやスイッチが詰め込まれた数十ものラック。ラックの数は数百にもなる場合があり、その一つ一つには、1Uピザボックスやブレードシャシーが詰め込まれている。CPU、メモリ、ストレージ、各種ケーブル、負荷分散、冗長電源、イーサネット接続に費やされる数百万ドル。

ソフトウェア面では、VMwareのvSphere ESXiまたはMirantis OpenStackなどのベアメタル仮想マシンハイパーバイザーに加え、VMwareのvCenter ServerやHPのHorizon Managementなどの管理コンソール。ネットワークアーキテクチャーは、おそらくVMware NSXやCiscoのACIなどSDNに管理されたコントローラー。このような拡張は意味をなすでしょうか? データセンターのオペレーターは、一つのラックが目いっぱい装填された状態で、どの程度の負荷を取り扱えるかについて、現実的な感覚があるでしょうか?数10万台の仮想マシンでしょうか? オーナーは、サービスに対し効果的なプライシングを行うための十分なキャパシティを有しているかどうか、また返金条項を含むSLAに署名する自信を持てるでしょうか? 本ウェビナーでは、こうした質問に推論を適用する代わりに、貴社のクラウドをスケールテストする方法について回答します。

ホワイトペーパーのダウンロード