Spirentサークルロゴ

ホワイトペーパー

防衛用無線システム開発のスピードアップ


sc-speed-up-radio

戦場の無線ハードウェアやソフトウェアの設計においても、RFモジュールを搭載した軍用IoTデバイスの構築においても、デバイスの購入・評価においても、無線を使用するネットワークアプリケーションの開発においても、A地点からB地点へのRF信号の取得に成功するための現実世界の課題に直面していることでしょう。

コントロールされたレンジで無線システムをテストすることは、最も現実的な方法論ですが、多くの課題があります。レンジテストは、あるシナリオでほんの一部の変数のサブセットを再現できるのみであり、戦略的に前線となる、密接した紛争地域の環境を再現することは困難です。また実装には多額の費用がかかり、スケジュール上の制限が度々、デバッグやデザインのやり直しを困難にします。

戦地における接続環境の再現には、国防当局や民間企業からの協力を必要とする、新たなレベルのテストや保証アプローチが求められます。本ペーパーでは、軍用の無線システムのデザイナー、インテグレーター、バイヤーが直面する技術的な問題に対して当業界が有する専門知識を共有し、最新の複雑なRFシステムを従来より速く、より低コストで証明する上で、最先端のチャンネルエミュレーションがどれほどのメリットをもたらすか、について説明します。

ホワイトペーパーのダウンロード