Spirentサークルロゴ
5G

次世代のテストで5Gを加速

:

AdobeStock 79045222-1240x600 Accelerating 5G with the Next Generation of Testing Blog

5Gサービスとしてのテスト(TaaS)のマネージドソリューションを利用して、大手ティア1通信事業者がシンプルさ、スピード、拡張性、コスト削減を実現した事例をご紹介します。

ある大手ティア1(T-1)オペレーターの顧客は、次世代のビジョンを持っていました。ユーザーが5Gの主なメリットを体験できるように、5Gコアを市場にいち早く展開したいと考えていました。モノリシックな5Gのロールアウトという概念は非現実的であると認識していました。5Gコアは、共通のプラットフォーム上で動作する多数の複雑なソフトウェア要素と、新しいクラウドネイティブネットワーク機能(CNF)で構成されています。一回限りのハードウェアのロールアウトとは異なり、顧客は、競争に勝つためには、CNFベンダーからの継続的なリリースに合わせて、コアソフトウェアをネットワーク全体で定期的に更新できるように、通信業界が安定してイノベーションできる経路(NetDevOpsやCI/CDのベストプラクティスを採用)を整備する必要があることを理解していました。これは簡単ではありません。目標を達成するためには、この分野で多くの企業が直面している課題に取り組む必要がありました。

5G成功のために求められる新たなロードマップ

5Gの新たな複雑さに対処する多くのオペレーターと同様に、T-1オペレータは、ベンダーから購入したソフトウェアの管理を強化する必要がありました。これは、会社として本質的にソフトウェア企業に移行したことを意味しています。そのためには、システムインテグレーターと同様の、新しい運用方式を採用しなければなりませんでした。

  • 新しい5Gネットワークの複雑さに対応

  • マルチベンダーの相互運用性要件の管理

  • アジャイルネットワークと化すメリットを実感

徐々に異なるサービスを分離し、他のプロバイダーに移管していく中で、ネットワーク内のあらゆる問題を可視化しておく必要がありました。仮想化されたマルチベンダー環境に5Gコアを導入したT-1オペレーターはまだありませんでした。同T-1オペレーターは、大きな機会を得るチャンスを目の当たりにしました。5Gをクラウドに移行することを目標に、新しいCNFとその基盤となるネットワーク機能仮想化インフラ(NFVI)でより迅速なイノベーションを可能にし、新しい機能をより簡単に、より低コストで導入できるようにすることが目的でした。誰もこのアプローチをテストしたことがありませんでした。リリースの品質を保証するために、継続的な自動化された回帰テストが必要でした。最終的には、ライブネットワークへの新しいリリースの継続的な自動ロールアウトを必要としていました。また、このような複合的な取り組みを行う際には、この分野で活動するすべての企業が直面する課題にも直面しました。

引用文

新しいCNFは、単独で、またエンドツーエンドのクラウドネットワークの一部として、両方の場合を検証する必要があり、周囲のすべてのネットワーク機能と現実的なユーザートラフィックをエミュレートする必要があります。

5G実装の課題

以前のネットワーク世代のテストでは、よく定義されたネットワーク要素の検証に重点が置かれていましたが、5Gテストでは、継続的なテスト(CT)を提供し、新しい個々のCNFリリースとサポートするクラウドインフラを迅速に検証できる、継続的な統合/継続的な展開(CI/CD)ソフトウェアモデルが必要となります。新しいCNFは、単独で、またエンドツーエンドのクラウドネットワークの一部として、両方の場合を検証する必要があり、周囲のすべてのネットワーク機能と現実的なユーザートラフィックをエミュレートする必要があります。すべての通信業者が直面している課題は、以下の通りです。

  • 特に最先端のクラウドネイティブ5Gの実装において、ネットワークがより複雑化

  • ベンダー数の増加とソフトウェアのリリース量の増加

  • ベンダーの相互運用性確保に責任を取る要件

  • ラボの検証時間の増加

  • 開発と運用の間でツールや手法の一貫性が欠如

  • ネットワークへの加入とアクティベーションのサイクルにかかる時間の増加

  • 障害を特定、分離、解決するまでの時間の増加

複雑さがいたるところにに溢れています。通信事業者は、これらの課題に総合的に対処し、5Gへの移行を成功させるために、新たな役割を負わなければなりません。実績のないテスト戦略が持つ脆弱性は、多くのオペレータにとって深刻な懸念材料となっています。つまり、人材、スキル、パートナーのエコシステムへの投資が必要になります。社内に十分な資格を持った5G専門家がいない場合、実績のあるソリューションパートナーだけが、包括的で成熟した信頼性の高いテスト戦略を保証することができます。

組織的な変化の阻害要因

5G実装の課題に対処するという要求を超えて、顧客に属する3つの関連部門は、プロジェクトに対して、他を排除した独自の方法で関与していました。

  • 技術開発部門は長期的な戦略目標を定め、実用的なオフィスアプリケーションとして新たな技術を設計し、当時はLTEのみに注力していました。

  • エンジニアリング部門は技術開発部門の設計を実装し、ベンダーを呼び込み、製品をテストし、ユーザーに適したソリューションへ統合し、ソリューションを運用させ、新しいビルドを受領し、そのうえで運用を拡張する準備ができているか、テストと検証を行いました。

  • 運用部門はテスト済みで承認された新しい技術サービスを導入し、ネットワークのロールアウトを完了した後、24時間365日運用し、ネットワークの問題を手動でテストしてから本番に入りました。

彼らの組織戦略とテスト戦略は互いに整合されておらず、5G実装で要求される新たな厳しい要件には適していませんでした。旧式のサイロ化された作業方法は、T-1オペレーターが競争しなければならない新たなアジャイルソフトウェアベースの世界とは相容れないものでした。テストと検証のために技術開発部門が開発した内容はすべて、部門間でテストベッドが重複したり、全く異なるテストを実行したりすることを避けるために、エンジニアリング部門と運用部門が再利用可能なものでなければなりません。目標を達成するために、T-1オペレーターは、相互運用性が重要な課題となっているベンダー間にまたがってテストを行うために、実績があり中立的な技術パートナーを必要としていました。顧客の最も切実な質問:新しい5G CNFは何かを壊すのか?

正しい解決策を見極める

T-1 オペレータは、すべての主要ネットワーク機器メーカー(NEM)とティア 1 クラウドサービスプロバイダー(CSP)に採用され、コアネットワークと NFVI のテストと保証で世界的大手でもある、サードパーティのテストベンダーを探していました。また、テクノロジーパートナーは、テストにおいてベンダーの中立性を確保する必要がありました。重要なのは、マルチベンダーの5Gコアソリューションに向けてクラウドベースの自動化されたCI/CD連続テストを行うため、高度なテストケースの自動化ソリューションを提供する実績を豊富に持ち、ウェブスケールの俊敏性と成熟したDevOpsの効率性を可能にするベンダーを見つけることでした。Spirentは、これらの重要な条件をすべて満たしていることが広く認められています。Spirentのサービスとしてのテスト(TaaS)はテストの専門知識、製品とサービスの提供能力をバンドル化されたマネージドソリューションに組み合わせており、テスト機能を素早く提供して他のオペレーター機能とシームレスに統合できます。

高レベルの検証アプローチ

DevOpsの効率を最適化して3つの利害関係者グループの分断が緩和された後、CNFの継続的なテストは段階的なアプローチで構成されるようになりました。これには、あるベンダーのCNFを単独に分離してテストし、真に包括的なエンドツーエンドのシステムCTが実現するまで、同じベンダーのCNFを徐々に追加していくことが含まれていました。これを達成した時点で、ベンダー間で、そして最終的には仮想化されたマルチベンダー環境全体で、同じアプローチを用いてテストを実施することが可能になりました。

CS Test as a Service-graphics-Blog

Spirent’s TaaS Managed Solution covered management, execution and automation of a CI/CD pipeline with automation validation testing of 5G and NFVI for multiple network vendors.

5G TaaSソリューションの成果とメリット

  • 新しいVNFのバージョンごとにフル回帰テストのスイートを自動的に生成し、テストケースを100%自動化するフレームワークを実装

  • 5Gのテストと市場投入までの時間を3分の1へ短縮

  • 複雑な次世代の技術テストを実施する過程を整合化

  • 将来を見据えてテストを確実に進化

  • マルチベンダーCT検証を実装し、最適化

  • 中央管理で効率性と生産性を向上

  • 設備投資と運用投資の支出を大幅に削減

Blog-Objectives 23

5G TaaSの目標に関する最終的な見解

本ブログ記事と関連のケーススタディは、サービスとしてのラボ(LaaS)とTaaSの大局的なフレームワーク内で最新のテスト自動化を実施し、テストの最先端を行くSpirentのマネージドソリューションが持つ利点を紹介します。これは、21世紀のテストラボ要件に対応し、サービス指向アーキテクチャをサポートし、現行と新規の問題を解決する、当社の次世代プラットフォームによって可能になりました。顧客は、当社のマネージドテストおよびラボ自動化ソリューションを活用して、テストプロセスを根本的に変革し、テストサイクルの期間を大幅に短縮することができました。

開発者が組織固有のニーズに合わせてソリューションを効率的にカスタマイズできるように、専用目的に応じて構築されカスタマイズ可能なLaaS/TaaS基盤が、本ソリューションのシンプルさを象徴しています。迅速かつ安定してオンデマンドでテストできる環境をもって、スピードが実証されています。拡張性の一環として、組織のテスト要求の変化に合わせてテスト容量を増減させる機能も備えています。スケーラブルで自動化されたLaaS/TaaSソリューションを構築するために必要なものだけを構築することで、費用も削減できます。実装過程で高い投資回収率を示すSpirentのマネージドソリューションは、最新のクラウドと仮想化技術を適用して、効率性の高い自動テストの新時代を切り開いています。

ティア1 NAオペレーター – 5G実装の加速に向けたTaaSマネージドソリューション右矢印アイコンundefinedのケーススタディをご覧ください。

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

Clark Whitty
Clark Whitty

プリンシパル製品ラインマネージャー

テストと測定の業界で20年以上の経験を持つClarkは、製品のライフサイクル全体にわたって、ネットワークの自動化と生産性のソリューションを実装する深い専門知識を有します。Spirentの自動化プラットフォームテクノロジー事業でのプリンシパル製品ラインマネージャーとして、Clarkは世界中のサービスとインフラのプロバイダーへ向け、ネットワークの自動化ソリューションを設計、開発、実装しています。