Spirentサークルロゴ
5G

5Gはネットワーク障害はまれ、かつ短時間であってほしい

By :

ネットワーク常態監視 サービスアシュアランスは5Gネットワークの大規模な障害を防ぐため、どれだけ役立つでしょう。

接続性は失って初めて気づきます。そのとき初めて、それがないことがいかに大変かを思い知らされます。

サービスプロバイダーはそれを十分理解しており、サービス稼働を維持するために多大な努力をしています。それでも障害は起こります。ビッグテックのコンシューマー向けプラットフォームであろうと先進国の大手Tier1オペレーターであろうと、計画外のダウンタイムと無縁のネットワークは存在しません。これは長年にわたるネットワークの継続的な進歩があるにもかかわらず変わりません。

現にそのような進化はかえって正常常態の維持をかつてないほど困難にしています。たとえ慎重に計画された変更やアップグレードが原因でサービスが停止した場合だとしても。

より多くの機能が仮想化され多様なソフトウェアサプライヤーがネットワークに参入し、より多くの種類のデバイスと顧客がサポートされるにつれ、ネットワークの正常状態の保証はかつてないほど複雑になってきています。

だからこそ、今こそパッシブ・モニタリングに別れを告げ、ネットワーク全体を意識したサービス保証のためにアクティブ・テストを導入する好機なのです。

受動的な保証では今日のネットワーク・トポロジーと市場の利害関係には太刀打ちできない

今日ネットワークに障害が発生した場合、多くの場合人的ミスが原因となっています。設定ミス、パラメータの間違い、包括的なテストの欠如。問題はユーザーのトラフィックが停止するとパッシブ・アシュアランス・システムは機能しなくなることです。即座に上流の可視性が失われ根本的な原因を特定することができなくなります。ネットワークのあらゆる箇所が原因となっている可能性があり、パッシブボックスがネットワークの適切な部分に適切なタイミングで配置されていない限り、障害箇所を簡単に見分ける方法はありません。

突然すべてのネットワークチームは、自分たちの管轄内の何かが原因ではないかと奔走することになります。ネットワーク・ベンダーからオペレーターまでがデータや最近のアクティビティを必死で分析し、自分たちの関与の可能性を排除しようとします。その間にも数分、数時間が経過していくので持続的なネットワーク障害が発生するのです。

特に最近のサービスプロバイダーは業界を問わず企業のミッションクリティカルなニーズに応えており、かつ競争の激しいコンシューマ市場でサービスの差別化を図るためにはネットワークサービス停止を極限まで減らす必要があります。また、障害が発生した場合は記録的な速さで診断・修復しなければなりません。トラフィックを迂回させようとするとさらに多くのシステムに負担がかかるため、1つの停止がすぐに次の停止につながることが分かっています。仮想化されたネットワークはネットワーク障害を分離し、根本的な問題が特定されて解決されるまでの間、一部のユーザーへの影響を抑えることができるためこの点では安心できます。

ネットワーク常態監視アクティブサービス保証はこの新しい課題に対応するため、次のような機能を備えています。

  • 停止を事前に防止する: ネットワークの変更やアップグレードによって設定ミスや不正なパラメータが発生した場合でも、アクティブ・テストベースのネットワーク定常監視サービス保証ではサービスが実際に稼働する前に本番前のテスト環境でこれらのエラーを検出することができます。さらにエミュレートした顧客トラフィックを注入することで継続的にネットワークを監視し、すぐにトラブルにつながるような異常がないかどうかをチェックします。

  • 問題発生時の原因究明と解決に向けた迅速な対応: ネットワークがある限り障害は発生するものです。5Gの広大なネットワーク・トポロジーでは文字通りあらゆる場所にパッシブ・アシュアランス・ボックスを設置することはコスト的にも時間的にも無理があります。アクティブテストベースのネットワーク定常監視サービス保証はエンドツーエンド・ネットワークのあらゆる領域を監視し、問題を即座に特定します(地域で問題を引き起こしているシステムや特定のインターフェースに至るまで)。

アクティブ テストエージェントを必要な場所に配置し問題を早期かつ迅速に特定

ネットワーク定常監視サービス保証により、障害に対する考え方は変わる

過去数年間に発生した大規模なネットワーク障害のいくつかを考えてみてください。ネットワーク定常監視サービス保証を採用していれば、ほぼすべてのケースで障害を未然に防いだり、大幅に軽減したりすることができたはずです。

この機能はすべてのネットワーク事業者のすぐ手の届くところにあります。クラウドネイティブの仮想テストエージェントを使用した次世代アプローチは手頃な価格で包括的かつネットワークやサービスそのものと同様にダイナミックなソリューションです。多くの企業はクラウドを取り入れCI/CDプロセスをネットワークに導入することに取り組んでいます。しかし意志を持つだけでは十分ではなく、変革をサポートする適切なツールも必要です。そのためにはプロアクティブなフィードバックが必要です。変更の結果、何が起こるかを正確に把握する必要があります。

5Gはより多くのコンポーネント、より多くの複雑さ、より多くの問題をもたらすことを私たちは知っています。コンピューティング・インフラストラクチャ、インフラのコンテナ化、より多くのレイヤ構造とネットワーク機能がその上に構築されそれぞれが独自のアップグレードサイクルを持ちます。アクティブテスト、ネットワーク全体を意識したサービス保証、物事をスムーズに進める自動化がなければ失敗する可能性が大いにあります。

ネットワーク全体を意識したサービス保証を実現するための包括的なアプローチとなるSpirent Vantage右矢印アイコンの詳細をぜひご覧ください。

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

タグ5G, 保証
Ross Cassan
Ross Cassan

Director of Product Marketing, Mobility Infrastructure BU

Ross Cassan is director of product marketing for the Mobility Infrastructure business unit within Spirent’s Networks, Applications and Infrastructure division and is responsible for strategy, marketing and promotion for Spirent’s flagship product Landslide. Spirent Landslide enables end-to-end testing of the entire Mobile & Wi-Fi eco-system. In addition, he is has been a key contributor to many technical standards bodies such as the Broadband Forum and TIA. Ross joined Spirent in 1999 had has held positions in product management and product marketing for both hardware and software platforms. Prior to joining Spirent, Ross held marketing positions at Newbridge Networks and Nortel.