Spirentサークルロゴ
オートメーション

ラボオートメーションで需要のスピードに合わせてイノベーション

:

Blog - Innovating at the Speed of Demand with Lab Automation

Spirentは、企業のラボオートメーションでの迅速なイノベーションの実現を可能にします。

ラボは、技術者がクリエイティブになれる空間であり、新しいコンセプトを発明し、市場化に向けてテストを行う場です。

テクノロジー事業における成功法則は、迅速なイノベーションとプロトタイプの作成が中心となるため、ラボの技術者は、自動化によるメリットをフルに活用できることが不可欠です。素早く行動することが全てです。需要のスピードに合わせたイノベーション。必要なことでなく、重要なことにフォーカスできる環境の整備。簡単に言うと、これが競争の激烈な市場で成功する秘訣です。

継続的な探求が必要な理由

例えば、効果的なDevOpsやNetOpsの方式が、デジタル製品やサービスの継続的な投入、強化、アップデートのために求められています。しかし、継続的な統合(CI)、継続的な展開(CD)、オンデマンドなリリース(RoD)を行うには、継続的な探求(CE)で始める必要があります。拡張されたアジャイルなフレームワーク(SAFe)右矢印アイコンに基づき、市場のニーズを評価し、事業配置を定義し、プロトタイプや実用最小限の製品(MVP)を開発してテストする過程は、CEが起点となります。これが、最新のテクノロジー改革がもたらされる過程であり、自動化されたラボがその始まりです。

ラボが効率的、協調的、可視的であればあるほど、イノベーションが生み出されるCEのプロセスが、より早く、効果的となります。自動化されたラボは、製品イノベーションおよび製品強化の健全な流れを継続するための基礎となります。ラボでの成果は、企業全体の市場における競争力に直結します。自動化とコラボレーションが、継続的な提供プロセスの基礎となるため、効率的かつ協調的なラボ環境が不可欠となります。

Lab Automation Innovation

引用文

最短10日で、ラボ環境を新型かつ最先端の機能に整備でき、DevOpsおよびNetOpsのコラボレーションが可能となり、またフル自動化、連携、集約の過程をサポートします。

ラボを短時間で自動化する方法

オペレーターは、LaaSソリューションを用いて、ラボの自動化やコラボレーションに着手できます。最短10日で、ラボ環境を新型かつ最先端の機能に整備でき、DevOpsおよびNetOpsのコラボレーションが可能となり、またフル自動化、連携、集約の過程をサポートします。自動化されたラボは、以下のような主要機能を持ちます:

  • サンドボックスの設置と共有、チーム同士のグローバルな協働を可能とする、ガラス面1枚のコンソール

  • ラボ環境のネットワーク状態を取得し、場所や時間を問わず、共通のデザインコンソールでエンジニアがアクセスできるようにする自動検出機能

  • テストを目的としたデザインの実行に必要な、リソース変更や追加にフォーカスしたラボテクノロジーに関する指示に変換する作業オーダーの自動化。事前設定を解読するために、図面とラボの構成を比較するという、時間がかかるプロセスを省略できます。

  • 多対多の接続機能が確立されると、ゼロタッチプロビジョニングが設計コンソールからラボのネットワークへ流れ、ラボを完全自動化します。リソースが地理的に分散している連携ラボにおいても、これらのリソースを見つけてアクセス可能にします。

ラボを自由化することでもたらされるメリットは多大です。完全に自動化されたラボ環境から開発ファンネルを満たすことで、協働を通じてイノベーションのペースを上げ、競争力の面で差別化が可能となります。SpirentのVelocity LaaSプラットフォーム右矢印アイコンでラボを自動化した顧客は、テストベッドのセットアップを300倍に速め、プロセスを50時間からわずか10分に短縮しています。ラボでのリソース活用が最適化され、生産性が最大化できるため、設備投資費が削減できます。デジタルイノベーションを自在に行えることが企業の競争力や実績の決定要因となる業界において、協調的かつ自動化されたラボは革命的な存在となります。

ラボの自動化を通じて素早くイノベーションを起こす方法の詳細については、今すぐお問い合わせいただき、当社のVelocity LaaS情報ページをご覧ください。こちらからVelocity LaaSのデータシートをダウンロードすることもできます。

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

Clark Whitty
Clark Whitty

プリンシパル製品ラインマネージャー

テストと測定の業界で20年以上の経験を持つClarkは、製品のライフサイクル全体にわたって、ネットワークの自動化と生産性のソリューションを実装する深い専門知識を有します。Spirentの自動化プラットフォームテクノロジー事業でのプリンシパル製品ラインマネージャーとして、Clarkは世界中のサービスとインフラのプロバイダーへ向け、ネットワークの自動化ソリューションを設計、開発、実装しています。