Spirentサークルロゴ
自動車

規格に準拠したイーサネットスイッチで自動車をスマートかつ安全に維持

:

イーサネットスイッチ仕様へ準拠することで、デバイスの基本実装を正しく行う保証が得られます。イーサネットスイッチを成功裏に検証するために、テストソリューションに必要な必須の機能をご覧ください。

数千もの半導体チップが、自動車をスマートにし、スムーズに運行させています。電子制御ユニット(ECU)が、車輪からカメラの音声/映像まで、すべてを管理しており、現代の自動車が動作し性能を発揮するために不可欠となっています。こうしたチップはアプリケーションと帯域を大幅に増やしたスイッチやバスで構成されるスイッチを通じて通信するため、従来のコントローラーエリアネットワーク(CAN)バスの性能を圧迫しています。自動車業界は車内データをより効率的に転送するため、イーサネットを採用しています。実績の長いテクノロジーのため、複数のベンダーが利用できる共通規格と高い帯域を特徴とし、大量生産されて十分に低価格となっています。信頼される規格として、イーサネット搭載デバイスはプラグアンドプレイでき、高次レイヤーのアプリケーションと簡単に統合できます。しかし、こうしたコンポーネントがすべて期待通りに動作し、セキュリティ脅威に対する回復力を保ちながら、安全な運転を脅かさないよう、関係者はどうすれば保証できるのでしょうか?

イーサネットスイッチの保証の重要性

イーサネットスイッチは、成長を続ける車内通信ネットワークで成功と効率を確保するために重要な役割を果たします。複数のメーカーが製造するスイッチでプラグアンドプレイを可能にするには、特定の規格に準拠する必要があります。最初の一歩として、コンポーネントメーカーは、製造するスイッチの産業規格準拠を証明することが求められます。自動車メーカーはカスタマイズされた環境でコンポーネントを再試験し、ネットワーク内の機能性とパフォーマンスを検証します。コンポーネントの準拠が確認されると、相互運用とパフォーマンスのテストを開始できます。こうした一連のテストを、市場からの要求に合わせて素早く行う鍵は、自動車の電子機器におけるイノベーションの速度にあります。

イーサネットスイッチ規格は、OPENアライアンスSIG (ワンペア イーサネット分科会)のTC11文書に記載されています。これらは、車内イーサネットスイッチのOSIレイヤー2で準拠を検証するために使用されます。OPENアライアンスは、TCP/IPレイヤー準拠用のTC8など、その他のレイヤーの要件も定義します。イーサネットスイッチが自動車に採用されるにつれ、メーカーとインテグレーターではTC11準拠テストを手軽に、かつ包括的に行える手法が必要になっています。

OPENアライアンスのTC11準拠をテストするために必須の機能

転送、フィルタリング、QoS、タイミング挙動など、イーサネットスイッチ半導体機能のOPEN TC11仕様に基づき、テストシナリオと設定用にテストソリューション(テストスイート)が必要とされています。市場からの切迫したニーズに応えるため、TC11テストソリューションはテストのスクリプト言語をプログラミングする知識を持たずとも、自動化でき簡単に使用できなければなりません。同時に、ソースコードで設定を変更して発展を続ける規格へ素早く適応できるだけの柔軟性が必要です。イーサネットテストでの数十年の経験を生かし、当社はTC11テストソリューションが成功を納めるための条件を特定しました。

  • どのOSアーキテクチャでも実行できるフレームワーク

  • オープンな高パフォーマンスのテストプラットフォーム上で実装される、TC11仕様を満たすテストケース

  • ハードウェアクロックを用いた高いタイミング精度

  • スクリプトを設計する必要がないよう、直ちに使用できるライブラリを用いて自動的にテストを実施

  • テストケースを修正したり発展する規格へ適応しやすい、柔軟なソフトウェアテストプラットフォーム

  • 必要に応じて挙動や設定を変更するため、テストケースのソースコードへのアクセス

  • 標準化されたテスト言語を使用してTC11カテゴリーで実装されたテスト

  • テスト対象のデバイスへの複数の物理的ポート

  • 様々なフォーマットでの素早いロギング、アーカイブ、エクスポート

  • 高次の管理または詳細なレポート送信のオプション

TC11に準拠してテストを実施でき、またパフォーマンスとベンチマーキングテスト、およびTC8 (TCP/IP)テストを単一の統合されたソリューションで行えるプロバイダーを選定すれば、効率が増し、コストを抑えられます。スイッチの詳細な準拠テストを行うことで、車内イーサネットネットワークが正しく機能し、車をスマートかつ安全に保つよう保証できます。SpirentのTC11テスト機能、または自動車イーサネットとネットワークテストのソリューションに対する当社の完全なポートフォリオをご覧ください。

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

タグ自動車
Alain Vouffo
Alain Vouffo

Senior Product Manager Automotive

Dr. Alain Vouffo holds a PhD in Software Engineering and an MSc in Electrical Engineering and Communication Networks, both from the Technical University of Berlin. He has over 15 years of experience in testing and designing communication systems and their application in telecommunications, automotive, railway and medical domains. Dr. Vouffo works as an Automotive Product Manager at Spirent Communications designing test solutions for today’s vehicles with the aim of realizing the fully connected and autonomous car of the future and addressing the testing needs associated with the latest evolution of that technology.