Spirentサークルロゴ
5G

5Gネットワークスライシングが成功を納めるうえでサービスアシュアランスが主役に

:

オペレーターが新たなインフラや機能への大規模な5G関連の投資を収益化しようと努力する中、急速なソフトウェアの変化や機能要件が、テストとアシュアランスの新たな戦略を迫る課題に直面しています。ネットワークスライシングとサービスアシュアランスが、5Gの約束を実現するうえで、重要な役割を果たす準備を整えている様子を解説します。

世界中で5Gがロールアウトされる中、帯域と新たなインフラへ行った大規模な投資を収益化する圧力がオペレーターにかかっています。収益源として、消費者の接続機能改善も含まれます。しかし、オペレーターは5Gの収益化を一気に進めるために、企業サービスと各種垂直産業のサポートに注目しています。

どの観点から見ても、サービスアシュアランスが主役として活躍するでしょう。

企業顧客が高い要求を課します

企業は自身に合わせた高パフォーマンスのサービスを求めています。汎用サービスでは、カスタマイズが高度に進んだ世界では通用しません。

例えば、信頼性の高い低レイテンシ通信、または必要な時すぐに帯域を拡張できることを要求するでしょう。こうした顧客は固有のサービス品質要件を持ち、契約された品質が保たれていることを知りたがります。遠隔医療や自律走行車などの重要なサービスでは、パフォーマンスの低下は問題外です。

5Gはこうした厳しい要件を満たすよう設計されています。5Gの威力は、リアルタイムでダイナミックに、サービスとネットワークの要求に応えられる基本機能から得られています。

分散化され脱集約化された、クラウドベースでイベント駆動型の5Gアーキテクチャは、超低レイテンシでアジャイルなリソース配分、およびエッジベースのサービスなどを提供します。オペレーターは急速なソフトウェア変更と機能要件の問題に直面しており、継続的な統合と配信(CI/CD)のネットワークへの導入を進めています。ソフトウェアをハードウェアから分離することで、オペレーターは素早く頻繁にコードをアップデートでき、これまで以上に素早く業務変化に応えられます。

引用文

オペレーターは急速なソフトウェア変更と機能要件の問題に直面しており、継続的な統合と配信(CI/CD)のネットワークへの導入を進めています。

ネットワークスライシングは画期的なブレークスルーですが、品質関連の課題が伴います

5Gは、サポートするサービスの要件に応じて規模の拡大縮小が可能なネットワークスライスを提供する可能性を開きます。柔軟なネットワークスライシングが見込めると、サービスプロバイダーは特定のパフォーマンスレベルを要求する様々なレベルのトラフィックに応じて課金率を変えられるようになります。こうした要件は、ネットワークが計画通りに成果を挙げることを保証するため、企業顧客とのサービスレベル契約(SLA)の一部となります。

各論理スライスのSLA品質を満たすには、関連の主要パフォーマンス指標(KPI)を測定してレポートする必要があるため、インフラを実証することでそれを実現できます。そうした証明は、緊急サービスなどの重要なアプリケーションで特に重要となります。サービスプロバイダーとそこから提供される機会にとってSLAが持つ意味は、先日当社が発表したデータセンターのレビュー右矢印アイコンで詳しく解説されています。

ただし、これには大きな課題が存在します。5Gはネットワークスライシングなどの新しく大きな可能性を持つサービスの下地を整えますが、そうしたサービスの品質を保証する際に、アーキテクチャと技術面でのイノベーションが大きく影響します。

サービスアシュアランスがネットワークスライシングの重要度を上げる理由

ネットワークスライシングは、要求の厳しいユースケースでパフォーマンス目標を満たすためにサービスアシュアランスが持つ役割を関係者が真剣に考慮することを迫ります。例えば:

  • どのネットワークスライスでもすべてのサービスインスタンスに対し、ネットワークに対するエンドツーエンドの可視性の確保

  • リアルタイムでのネットワークとサービスのモニタリング

  • 複数の地理的領域やテクノロジー領域にまたがるパフォーマンスのモニタリング

  • リアルタイムでSLAのKPIを分析

  • 継続的なネットワークのアップデートをモニタリングし、問題を解決し、隔離するためのアクティブテスト

  • ネットワーク要件の変化に応えるためのダイナミックな拡張性

サービスアシュアランスはエンドツーエンドのネットワーク可視性を超えて、イベントをリアルタイムで効果的に、低価格で管理して自動化しつつ、すべてのサービスライフサイクルにわたって包括的な観測を行えるよう発展しています。

次回の記事では、ネットワークスライシングの設計を形成する、サービスアシュアランスの実装戦略と考慮事項を取り上げます。

当社のサービスアシュアランスソリューション右矢印アイコンの詳細をご覧ください。

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

Justin Robinson

リードソリューションアーキテクト

Justinは30年以上にわたってティア1のCSPで世界的に活躍し、有線と無線のテクノロジー、クラウドインフラ、リアルタイムのネットワーク要件をサポートするOSSソリューションの分野で、ソリューションを設計して提供してきました。彼はNEMとCSPの両方で働き、運用の最適化で業務上の付加価値を提供することに焦点を当てた新規テクノロジーを啓蒙し、導入してきました。Spirentでは、Justinはマネージドソリューション部門のリードソリューションアーキテクトを務め、ラボから実世界への導入と運用で起こるかつてない規模のネットワークの変化でCSPが直面する課題のソリューションを提供しています。