Spirentサークルロゴ
5G

Spirentの2021年5Gレポートが主な開発動向と今後の状況を詳細に解説

:

Spirent 2021 5G Report Dives Deep into Key Developments and the Road Ahead

5Gの今後 当社の2021年5G概況レポートは、600以上の5G契約から得られた主な知見を紹介します。

誰も、2020年を忘れることはできません。新たな現実が訪れ、時間が永遠に静止し、かつ同時に高速で過ぎ去っていった1年です。

嵐のような1年を振り返ると、過去12か月間で5Gの飛躍ぶりだけに注目すれば、通信業界が直面した課題がいかに広範囲にわたったか、気づかないでしょう。2020年が終わりに近づくにつれ、モバイルの次世代テクノロジーにまつわる飛躍は、新たな現実を克服するだけでなく、その上で跳躍するためのものであったことが明らかになりました。これは当業界が実証して見せた底力からすれば驚くべきことではありませんが、それでも見事な成果です。

新しい1年の始まりを迎え、Spirentは5Gの年次概況レポートの第2版右矢印アイコンをもって、もう一度1年間の主な出来事をとらえ、トレンドを推進する要素と今後1年の予測を打ち立てています。昨年度、本レポートの初版は、他の資料を大きく引き離して、当社で最も多くダウンロードされ読まれました。世界各地にまたがる当社のビジネスを網羅する、最新の洞察を共有できて光栄に感じます。

600以上もの5G契約から得られた見識

わずか1年前、当社初の5Gレポートでは、5Gをサポートするネットワークに関するSpirentの大規模なテスト作業を解説しました。初期のノンスタンドアロン(NSA)実装は開始されましたが、パフォーマンスは高低があり、消費者への普及は時間がかかっています。これは失敗ではなく、学習経験であったことが判明しました。この経験では、5Gスタンドアロンへの道のりを加速させる必要がある教訓が明らかとなりました。2020年がもたらしたあらゆる課題にも関わらず、通信業界はそれに応えることができました。現在、600もの5G契約を経て、Spirentは5G 2021: 市場の牽引要素、洞察、&検討事項右矢印アイコンのレポートで最新の知見を共有でき、光栄に感じています。

5G Report screenshot

The 45-page report looks at where 5G is heading and how quickly it will get there.

2020年に始まり、新しいレポートで紹介される主な動向には次のようなものがあります。

  • オペレーターとSpirentの年間を通じた提携は50%増加しました。5Gの準備に膨大な時間をかけた結果、ネットワークは世界中で大規模な展開を開始しています。これはラボから現場にいたるまで、ローンチ前後でテスト量が継続的に増える結果を招いており、当社はこれが2021年だけでなくそれ以降も続くことを予測しています。

  • 5Gスタンドアロンの導入は加速されましたが、かなりの支援が必要でした。当社が行った5Gコアのテスト量は、特に北米とアジアで、5G SAへの移行の勢いが続いていることを示しています。こうしたネットワークはNSAネットワークと並行してローンチされていますが、オペレーターがそれらを自在に管理して運用できるようになるまで、アクセスは限定されると予想されます。初期段階での慎重な開始は予想外ではありませんでしたが、3GPP規格が発行されて以来、一部のオペレーターがすでにSAへトラフィックを移行させ始めている点が特徴的です。

  • サービスとしてのテスト(TaaS)が勢いを増し、今後も定着するはずです。5Gの展開を加速させる市場からの圧力、マルチベンダー環境の膨大な複雑さ、ソフトウェアベースのネットワークとリソースの限界がすべて重なり、オペレーターが5Gのテストを専門家や信頼できるパートナーに依頼する傾向が強まっています。これで、オペレーターはサービスの生成と実装に注力できるようになります。この作業では自動化が重要となり、Spirentは2020年を通じて、この方面で数々の重要な契約を獲得しています。当社は、TaaSに対する関心が2021年とそれ以降も、増え続けると見込んでいます。

  • 防衛関連の5G出費が増えています。西洋諸国の政府は、将来の国防を近代化するため、5Gテクノロジーへ多額に投資しています。Spirentはすでに、民生と国防の用途を共有するための帯域の最適化など、一連の詳細なテスト構想に取り組んでいます。特に、Spirentの5Gデジタルツインテクノロジーは、防衛能力を拡大し、安定した戦術的または「サバイバル能力に長けた」通信を確立するために用いられる重要なテストソリューションの一部と化しています。

  • オープンRANが通信業界における低コストでベンダー非依存の将来を実現する可能性があります。オープンRANはまだ初期段階にありますが、すでに2G、3G、4G実装をサポートする効果的なアーキテクチャと見なされ始めています。この勢いでは、業界の採用が増えているため、今後12~18か月でこの成功が5Gにも及ぶことが現実の可能性となりつつあります。いずれ、オープンRANはプライベートネットワーク構築の安全な方法や、または斬新なサービスとしてのネットワーク(NaaS)の基盤となる可能性があります。ユースケースは広範囲におよび、相互運用性の理想を実世界でどう実現できるかを判定するための詳細なテストが始まっている中、当社はこのテクノロジーの長期性を見込んでいます。

上記のすべては、起きている現象のほんの一部でしかありません。Spirentの最新レポートが扱う内容は、現在の市場を牽引する要素、課題、注意事項、新興トレンド、予測、今後の見通しにわたります。これには、デバイス、クラウド、交通とサービスのテスト、アシュアランスと自動化の多方面にわたる当社の業務から得られた主な見識も含まれます。

今すぐコピーをダウンロード右矢印アイコンして、今後1年間の動向にご注目ください。当社はレポートで示された主な知見をさらに推し進め、5Gの最前線から最新状況をお伝えします。

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

Stephen Douglas
Stephen Douglas

市場戦略統括

StephenはSpirentの戦略部門に勤務し、技術の方向性、新しいイノベーティブなソリューション、市場をリードして真の差別化を生む破壊的テクノロジーの明確化に取り組んでいます。通信業界で20年近くにおよぶ経験を持つStephenは、次世代テクノロジーの最先端に身を置き、様々な業界で複数のサービスプロバイダー、スタートアップ、ティア1のOEMと働き、彼らのイノベーション加速と変革を支援してきました。Stephenはコネクテッドテクノロジーの可能性を固く信じており、イノベーションとビジネスの成功を妨げるサイロ化を挑戦し、解消し、破壊することに身を捧げています。