Spirentサークルロゴ
オートメーション

サービスとしてのラボ(LaaS)を採用してデジタル破壊の課題を克服する技術的メリット

:

Blog - Technical Advantages of Lab-as-a-Service (LaaS) Adoption for Overcoming the Challenges of Digital Disruption

Months to Minutes(数か月から数分へ)ブログ記事シリーズはテストとラボの自動化で実現した継続テストが、デジタル破壊にまつわる課題が増える中、企業組織が提供するネットワークとビジネスの検証を最適化する仕組みに着目します。成果:taking t

Pierre Frigonは、サービスとしてのラボ(LaaS)DevOpsを含む、テクノロジーと手法で支援されたラボの自動化ソリューションにて、多数の企業と協力してきた、経験豊かな専門家です。この最新記事では、PierreはLaaSソリューションを採用するメリットに関する、彼の見識を紹介します。

これは取り組みがいのある試みです。以前のブログ記事では、J曲線効果ソリューション採用に関する短期的および長期的な課題が生む過大な圧力と、チーム文化の変化促進のヒントを解説しました。どのブログ記事でも一貫して、ソリューション採用の主な目標を速く達成することを掘り下げています:企業組織の能力を一気に向上させるためです。自分たちの組織に対して、ソリューションを採用する方法と理由を伝えるために、ソリューションリーダーはLaaSとDevOpsが実現する様々な改善効果を熟知しなければなりません。

Lab Chaos Solution

今回のブログでは、LaaSを細かく解説します。こうした観点を持つことで、ソリューションリーダーは、ネットワークサービスのプロバイダー、NEM、大企業などと共に、ソリューションの理念、目標、目的を形成して、組織内のすべての階層へ伝えることができます。理解を共有することで、ソリューションのライフサイクル全体を通じて、期待が現実離れしないようにできます。また、関わるすべての関係者やチームメンバーとの間で、採用、導入、統合を促進させることも可能です。さらに、見込みソリューションが成功と見なされるための条件を定義しやすくなります。

デジタル破壊の課題を克服しましょう。デジタル破壊右矢印アイコンは組織へ競争力を維持する動機を与えます。このためには、以下のように重要な疑問の数々に答えなければなりません。

  • 企業は製品やサービスの品質を保ったまま、どうすれば市場へより素早く投入できるのだろう?

  • この目標を達成するうえで、ラボのスピードと生産性を最大限に引き上げるために必要な変化とは何だろう?

  • どうすれば、すべてのテスト用リソースを最新の方法で整合させて活用できるのだろう?

  • テストの設備投資をどうすれば実質的に削減できるのだろう?

  • これほど複雑なソリューションを導入した後、投資対効果(ROI)が実際に得られるのはいつだろう?

本ブログは御社の環境についてこうした疑問に答える場合の、様々な技術的観点を提供します。

テスト効率の新たな標準を特定しましょう。上記の質問にまつわる課題を克服できるかは、すべての仮想インターフェースと、特にすべての物理的リソースが、シームレスに機能するかにかかっています。これまでは、拡張性が高く安定した、ベンダー非依存の自動化フレームワークでそれが賄われてきました。このクラスのソリューションは、広範囲なSUT、DUT、テストデバイスを検証するサポート機能を内蔵し、適切なインターフェースを備えた、強力かつ使いやすいツールを提供する必要があります。さらに、すべてのデータをレポートのデータベースにログとして記録する、利用率レポートのアーカイブ機能も、ソリューションのコンポーネントとして内蔵されていなければなりません。

自動化を通じたポジティブな変化の発展。組織が現在利用しているサービスとしてのラボ(LaaS)のメリットは、20年前には単純に不可能でした。過去15年間にわたり、私は構築加速化のビジネスで、企業の数々と協力してきました。構築スピード(コードのコンパイル速度)を20倍に増加できれば、画期的と見なされた時代です。今では、サービスとしてのラボのおかげで、この種の改善度は当たり前となっています。また今日では、様々な方法で他のメリットも得られるようになっています。こうしたメリットは、企業が製品を提供する能力を実質的に左右します。今日、多くの企業は、何らかの自動化を導入しない限り、市場のペースに合わせて競争力ある製品を提供することはできません。

集約化とオーケストレーションの強化の持つ威力。ラボ内で個別のハードウェアを稼働させる費用は決して低くはありませんが、それでもラボのインフラ全体を運用する費用に比べればわずかです。これは、地域単位、あるいは世界的に、他の物理環境を巻き込む可能性があります。プラットフォームを構築してテストし、テストサイクルにそって製品を提供するには、組織全体でハードウェア資産を整合させて管理できなければなりません。これは、数千ものハードウェアデバイスを扱う組織で特に当てはまります。この分野におけるすべての組織は、テストまたは開発の観点から、必要な作業をこなして、機械の操作方法を学び配線作業を行うなどの手間をかけずに、必要な内容をすばやく構築できるインフラが必要です。これを念頭に置いた場合、LaaSの主なメリットに、世界全体のラボインフラを集約化させる機能があります。企業組織は、複数の自治体、国、大陸にまたがることがあります。LaaSは、経営陣が未活用のリソースが生む無駄を認識し、資産を集約するスマートな方法を見出し、高価なインフラをより効果的に、より使いやすくします。パートナー、顧客、その他のエンドユーザーなど、社外とのつながりが深い組織も、同様にメリットを受けられます。

ラボ集約化のコンポーネント。集約化の作業は、通常は以下の機能を持つラボ管理用のオーケストレーションソフトウェアが関わります:ユーザー権限の管理とデバイスの稼働スケジュール設定、複数のカレンダー設定、予約の確定、スケジュール設定の権限と管理者による「承認者ワークフロー」を用いた衝突の解消機能などです。その他の効率化機能には、設定管理機能、トポロジー編集能力の強化、アップグレードや新機能をテストするためのサンドボックスとしてVMの導入、ユーザーからのレポート送信を使用した利用率改善、日常的な設定の正常動作チェックなどがあります。

Reduce network lab CAPEX

LaaS集約化の典型的な改善効果としては、次が挙げられます。

  • 週5日8時間から24時間無給まで設定能力を強化、ネットワーク内のすべてのデバイスへアクセスして自動化させられるよう柔軟性を強化

  • 変革と変化を通じた世界規模でのラボの最適化

  • デバイスと人材のリソース効率を上げ、実質的な利益を上げて設備投資を最大限に活用

  • 設備活用(CapEx)とリソース活用(OpEx)に関するレポートを利用して、管理の改善を予算に組込み

標準的なラボ機能を新たなレベルへ引き上げ。多数の基本技術が、サービスとしてのラボのメリットを受けられます。強力な支援ツールです。携帯電話や大型ハードウェアのどちらを製造する場合でも、LaaSのメリットが魅力と重要性を増してきました。企業組織が発売予定の製品をテストする能力を強化するため、テストを整合化する能力が、非常に強力かつ必要不可欠な要素と化しています。LaaSソリューションの強力な機能は、今後4~5年で企業の運用方式を変化させ、最終的にはそれらが常態化します。

Improve Network Lab ROI

10年前、このレベルのソリューション採用を考慮していた企業組織は、こうしたプロジェクトで投資対効果(ROI)を得るには7~10年はかかる、と合理的に見通していました。これは今日の製品ほとんどのライフサイクルよりも長いため、採用をためらう理由の一部となっています。しかし、現在では、テクノロジーがこの期間を短縮できるようになっています。業務環境でスピード化を実現して生産性を改善すると、企業が製品を提供する速度もそれに合わせて加速されます。このソリューション能力は、ROIを実現するために企業が思い切って実行できる変革の一部です。5年前に必要だった時間の半分で済むことも珍しくはありません。

ROIの可能性に関する新たな標準。現在、企業組織は2~4年の範囲でROIを現実的に実現でき、わずか3年前には不可能だったスピード化を行えるようになっています。場所や分散度などの要素に応じて、他の事項を考慮する必要もあります。例えば、カリフォルニア州で大規模なデータセンターを運用する費用と、他の地域へ施設を置く場合の違いが考慮されます。しかし、素早いROI実現に大きく貢献するのは、投資で得られるスピード化と、指標を定量化する機能です。スピード化が実質的な生産性の改善に結びつくことは、ROIを実証する要素となります。ハードウェアの設置面積を抑えてメンテナンスと電力の費用も同様に削減したり、グローバルにリソースを最大化することで、全ユーザーがラボへ24時間無給で世界各地からアクセスできるようにすることで、余剰人員を最小限にとどめるなど、他のROI要素も存在します。

DevOps Continuous delivery Cycle

市場投入時間の短縮、生産性の強化、コスト削減、リソース管理の改善など、LaaSソリューションが約束する内容は、組織の関係者全員が簡単に体験できます。ソリューションが導入された後も、ソリューションのロングテール右矢印アイコンで調整が続くため、全体の計画プロセスに組み込む必要があります。

LaaSを成功裏に採用した後、次のテスト最適化の段階は、人材とプロセスの強化が関わってきます。ここで、DevOpsの登場です。現在生まれているラボの世代を観察した結果として、私はDevOpsとラボのインフラが最終的には1つに融合すると信じています。組織的な目標に沿うLaaSとDevOpsの融合は、スマートな組織が方針として採用しています。以降のブログで、DevOpsのメリットについて解説します。LaaSとDevOpsは全体としてかなりの要件を抱えていますが、それでも試してみる価値は十分にあり、企業組織の将来的な成功の可能性を左右します。

SAA DevOps Months to Minutes

Months to Minutes(数か月から数分へ)ブログ記事シリーズはテストとラボの自動化で実現した継続テストが、デジタル破壊にまつわる課題が増える中、企業組織が提供するネットワークとビジネスの検証を最適化する仕組みに着目します。成果:数か月かかることが珍しくなかったテストプロセスを対象に、効率と能力を強化したうえで、数分で完了できるよう改善を加えています。

Spirentの自動化プラットフォームテクノロジーに関する詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。成功するLaaSとDevOpsソリューション採用の条件の詳細は、こちらでホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。DevOps手法の詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

Pierre Frigon
Pierre Frigon

iLeadAgileのプリンシパル

ソフトウェア開発、システム統合、システムテスト、自動化開発など、複数の異なる役割で製品開発部門を20年以上率いてきた経験を持ち、高い評価を得たリーダーです。ライセンス取得済みのManagement 3.0ファシリテーター、Management 3.0の共同所有者、そしてそのアクティブな実践者として、彼は協力と取り組みを醸成するためにチームの管理方法を近代化することに情熱を捧げています。