Spirentサークルロゴ
Wi-Fi

VertexとOCTOBOXがついに統合

:

セレブのパワーカップルとまではいきませんが、複雑さを増していく世界で、よりシンプルにネットワークを保証する方法が必要なため、協力し合いました。

テクノロジーの進化は社会を大きく発展させてきました。今日、自律走行車から高度なペースメーカーに至るまで、イノベーションはマイクロプロセッサーやソフトウェアだけでなく、すべてをシームレスにつなぐ基礎となるネットワークに依存しています。しかし、遅延の問題から特定のシナリオにおける不安定さまで、接続性の問題は、多くの重要なユースケースの実行可能性に大きな影響を与える可能性があります。。デバイスメーカーとサービスプロバイダーの両方にとって、ネットワーク保証テストは非常に重要になっています。しかし、検証しなければならないネットワークの種類や使用シナリオが非常に多様化しているため、この作業はますます複雑になっています。

このような保証プロセスの簡素化と改善の必要性が、昨年3月にSpirentとoctoScope右矢印アイコンが1つの会社になった理由の1つです。。OCTOBOXは、Wi-Fiネットワークとデバイスの自動化された検証用テストベッドのトップ企業として広く知られています。私たちが競合他社として活動していた時ですら、技術者の観点から、同社のコンパクトながらもスタック可能な手法で、多様な状況で利用可能な堅牢なテストベッドが楽に構築できることは、賞賛の的でした。

しかし、Spirentとして、力を合わせる前は、OCTOBOXにはあまり適さない、より専門的な保証シナリオを実行する必要がある共同顧客がまだ多く存在しました。特に、粒度の細かいチャンネルエミュレーションや、複雑なモビリティを伴うようなユースケースです。こうした顧客にとって、SpirentとOCTOBOXの製品を実行するデュアルテストベッドを設定するのは、二度手間となっていました。また、異なるソリューションを統合しつつも、結果を整合させるためにデータを統合する作業も必要でした。不可能ではありませんが、理想にはほど遠い状態でした。

2つの頭…

世界の複雑さが増すにつれて、私たちの合併がもたらす基本的なメリットが明らかになっています。両者の専門知識とテクノロジーを組み合わせた新製品を開発し、全体としてさらに優れたソリューションを提供する能力です。シンプルなだけでなく、現代社会で氾濫するユースケースの多様性により適合した、一貫性のある手法です。入念な開発作業が1年近くも続けられた結果、この理念がついに初めて具体化されました。OCTOBOXのモジュール性と、最も複雑な無線チャネルの包括的なノイズと空間条件を再現できるチャネルエミュレータVertex右矢印アイコンを組み合わせた統合ソリューションの発売を発表できることを誇りに思っています。

わかりやすく言えば、同クラス最高のトラフィックエミュレーション、チャンネルエミュレーション、パフォーマンス評価を統合型プラットフォームへ組み合わせたソリューションが誕生したことになります。これは、ウェアラブルや産業用IoTなどの新しいデバイスが爆発的に増加し、5Gの出現による大きな変化で、従来のテスト手法を押し上げるような新しいユースケースが生まれる時期にやってきました。どのような垂直市場であっても、私たちは皆、新しい質問に答えることを余儀なくされています。このデバイスは航空機の離陸から着陸まで、機内Wi-Fiネットワークで機能するだろうか? 医療機器を病棟間で移動する際に接続が途切れたらどうすればいいのだろう? 煩雑な工場の生産ラインで特定のセンサーを使用した場合、ネットワークのレイテンシにどの程度負荷がかかるのだろうか? 自律走行車は事故を起こさず、5Gベースの制御とWi-Fiベースの制御をシームレスに切り替えられるだろうか? このように、イノベーションが図面から現実の世界に適用される前に答えなければならない質問を、何ページにもわたって投げかけることができます。

よりシンプルに

ソリューションが物理的な製品設計に影響を与えるだけでなく、デバイスの配置と日常的な稼働手順へ波及的な効果をもたらす状況は、文字通り無数に存在します。こうした状況をより簡単にシミュレートし、解答を得て、変更へ適用できるようにすることは、テストとアシュアランスに関わる全員にとっての至上課題です。

当社が提供する統合済みのOCTOBOX/Vertexソリューションが実際のフィールドで使用されるようになっても、複雑さを克服するための戦略は継続されます。octoScopeとサードパーティのテクノロジーを最良に組み合わせ、より優れたソリューションを作成する他の方法が、当社の研究開発部門によって探られています。なぜなら、世界は常にテクノロジーとコネクティビティを融合させ、素晴らしいアイデアを生み出す新しい方法を見つけ出しているからです。願わくば、現実の世界でこれらを実現する人々に、この重要な仕事を効率的かつ正確に行うための適切なツールを、シンプルで使いやすいプラットフォームで提供できればと思います。

このユニークな統合の利点についてもっと知る右矢印アイコン

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

Janne Linkola

Director, Product Management

Janne Linkola is a director of product management for Spirent’s Lifecycle Service Assurance business unit. Janne has spent most of his career at operators in various engineering and product development roles. He was a Fellow of Wireless Architecture at Altice USA leading their next generation Wi-Fi initiatives and worked for T-Mobile USA heading product development for Wi-Fi calling and other initiatives. Most recently, Janne worked as director of marketing at octoScope and joined the Spirent team as part of the octoScope acquisition. Janne has an MScEE from Aalto University in Helsinki, Finland.