Spirentサークルロゴ
5G

新たな5Gサービスでラボから実世界へのテストが不可欠な理由

:

5Gは多くの分野でイノベーションを牽引しています。5Gで実現できる内容に対する期待は高く、新たなサービスには厳格なサービスレベル契約(SLA)が課せられます。提供されるネットワークとサービスが顧客の求める5Gの約束を果たせるようにするため、モバイル通信業者は新しいアーキテクチャの複雑さに対処できなければなりません。

5Gが多くの分野でイノベーションを牽引していることは広く知られています。5Gはその構想時点から広範な市場を対象にしており、多彩な産業ユースケースをサポートすることで、B2BやB2B2Cなどの分野で新たなサービスの機会をもたらしています。モバイル通信業者にとって、これはまたとない商機です。5Gはまだ開発の初期段階にあり、5Gコアネットワークとサービスのアップグレードは始まったばかりです。それでも5Gで実現できる内容に対する期待は高く、新たなサービスには厳格なサービスレベル契約(SLA)が課せられます。

提供されるネットワークとサービスが顧客の求める5Gの約束を果たせるようにするため、モバイル通信業者は新しいアーキテクチャの複雑さに対処できなければなりません。また、自己変革し、急速に進化する市場で競争力を維持するためにこの機会を活用できるよう、迅速に新しいサービスを開発する必要性に迫られています。

複雑性と切実さは、よりアジャイルな開発サイクルが必要とされていることを意味します。

5Gは機会だけでなく、無視できない多数の複雑さも携えます。

まず、5Gがサポートを約束している産業ユースケースは広範であり、サポート対象のサービス数が膨大になるため、拡張性の強化が迫られます。さらに、こうしたユースケースでは、サービス品質(QoS)やレイテンシ要求などの要件が多岐にわたり、提供される様々なサービスに応じて、個別のSLAが求められるのは確実です。

次に、新しい5Gアーキテクチャにも複雑さが存在します。オープンRAN、仮想化、クラウド化など新たな規格や技術トレンドが必須要素と化しており、ネットワークとサービスのレベルで新たなイノベーションのサイクルをうながしています。しかし、こうした動きでは、ネットワーク機能がクラウドへ集約され、ネットワークのエッジへ移行させられるため、ネットワーク機能の脱集約化も伴います。これは、レガシーのネットワークとは比較にならない量の変化を起こします。5Gが提供する内容をすべて活用する急務に加えて、こうした新たな課題が存在するため、より素早くイノベートしなければなりません。よりアジャイルな開発サイクルが必要です。それだけでなく、新しい5Gアーキテクチャの複雑さ、継続的なネットワークの開発と統合、ネットワークの改善と新規サービスのリリースのサポートなどに対処するために、イノベーションを短期間で繰り返さなければなりません。

最先端の自動化で支えられた、継続的な高速検証の形態が必要とされています。バッチモードのテストと、3~6か月ごとのリリースを特徴とする旧モデルは、継続的な変更と改善を安定して持続させるモデルで置き換える必要があります。この場合、テスト、検証、実証に対する従来のアプローチを根本的に変更しなければなりません。

素早くリリースしてSLAを支援しQoEを保証するためには、次世代のテストとアシュアランスが不可欠です。

より複雑でダイナミックなネットワークで厳格なSLAを満たし、同時に新規サービスをイノベートさせるため、通信業者にはこれまでにない重圧が課せられます。適切なテストとアシュアランスの戦略を採用すればこうした課題を緩和し、実装の基盤を強化して市場投入までの期間を短縮し、先行企業としての利点を生み出せます。サービスを能動的にテストできる能力は、SLAを保証して高レベルのQoSを保証するために不可欠です。アクティブテストは、ラボから運用まで(初期設計から開発を経て実稼働にいたるまで)のサービスのライフサイクル全体にわたってアシュアランスを実現するため、このプロセスの必須要素となります。

より多くのサービスが、より頻繁に提供されてイノベーションを実現するようになります。実ネットワークのアクティブテストは、実世界のトラフィックをエミュレートして実際のトラフィックが生まれる前にサービスをテストできるため、素早いリリースを実現するために重要な役割を果たします。また、「常時オン」のため、ユーザーが経験する前も含め、障害を能動的に検出できます。

ユーザーエクスペリエンスのモニタリングが顧客満足度の指標となりつつある中、サービス業者はユーザーエクスペリエンスに最も大きな影響を与える要素を測定し始めます。アクティブアシュアランスはリアルタイムにエクスペリエンス品質(QoE)指標を提供します。これは、サービスの開始前にSLAを検証し、同時にネットワークの可視性をエンドツーエンドでリアルタイムに保ち、SLAが要求された水準を保つために必須です。

詳細は、完全なレポートをご覧ください。Analysys Mason:5Gとクラウドエッジアプリケーションの保証右矢印アイコン

コンテンツはいかがでしたか?

こちらで当社のブログをご購読ください。

ブログニュースレターの購読

justinvanderlande 1205x855
Justin Van der Lande

Analysys Masonリサーチディレクター

Justin van der Landeは、Analysys Masonの通信業者ソフトウェアとネットワーク研究チームの一環である、アプリケーション分野の研究を統括しています。彼はビジネスインテリジェンスと分析ツールを専門とし、多数の通信業者の業務プロセスとシステムで活用されています。さらに、JustinはAnalysys Masonでコンサルティングと特注の大規模なカスタムの研究プロジェクトで技術的な専門知識を提供しています。彼は通信業界のソフトウェア開発、マーケティング、研究で20年以上におよぶ経験を有します。NCR/ATT、Micromuse (IBM)、Granite Systems (Telcordia)、TM Forumで上級管理職を歴任しています。Justinはウェールズ大学で経営科学とコンピューター研究の学士号を取得しています。