Spirentサークルロゴ

ORANの未来

Spirent専門家が送るオープンRAN討論会

roundtable.jpg
概要

Spirentの専門家によるオープンRAN討論会


この一連の討論会で、テクノロジーインフルエンサーのEvan Kirstelが Spirentの'ORAN専門家にインタビューし、オープンRANの将来の方向性と、エコシステムの拡大やラボから実環境への転換の可能性を含め、そこにいたるまでに解決すべき課題を掘り下げます。

トピック1

ORANネットワーク構築の課題


このセッションでは、Stephen DouglasとJames JimeryがオープンRANの現状のまとめ、将来得られる機会、採用を促進するための規格策定で業界が直面する数々の課題を紹介します。

トピック2

エコシステム拡大の持つ意味


Anil Kollipara、Clark Whitty、Stephen Douglas、James Kimeryが、オープンRANエコシステムの現状について、以前の規格化との違いや、大規模および小規模の企業が適切な専門知識を活用できる方法などを解説します。

トピック3

あまり顧みられることのない、最も大きな課題


Calnex SolutionsのAnand Ramが、Stephen DouglasとJames Kimeryと共に、急速に発展中のソフトウェアにまつわるテストの難しさ、タイミングと同期の重要性、ORAN実装に関して5Gスタンドアロン実装から学んだことについて話し合います。

トピック4

ラボからライブへ


Anil Kollipara、Stephen Douglas、James Kimeryが、ラボ環境から実環境へ移行する際に直面する主な課題について解説します。セキュリティとインフラのレイヤーでの最新バージョンのテスト、実世界へ移行する前にラボで適切にテストすることの重要性、実世界のネットワークで能動的にSLAをモニタリングする重要性です。

SpirentがORANの実装テストを支援する方法にご興味がおありですか?