Spirentサークルロゴ

プレスリリース

Spirent、世界初の5G無線による大容量MIMOビームフォーミングRFテストベッド

Huawei、CAICT、Spirent、5G無線システム設計を発表

バルセロナ(スペイン) – 2018年2月27日 – – モバイルネットワーク、サービス、デバイステストの世界的リーダーであるSpirent Communicationsplc(LSE:SPT)は本日、中国情報通信技術アカデミー(CAICT)において、新しい5G基地局アレイアンテナシステムの現実的な評価を可能にする無線試験室セットアップの実証に成功したと発表しました。

5G基地局(gNodeBとして知られている)は、数十または数百のアンテナ素子を含むアレイを使用して、4G技術の1秒当たり10倍のデータ量を送受信します。CAICTは、5G無線信号が大気中をどのように伝搬し、反射、吸収、動きなどの影響を受けるかを捕捉する、洗練された数学的な「チャネルモデル」を開発しました。そして、Spirent Communicationsと協力して、反復可能なラボ環境でこれらの影響を再現するためのテストベッドを設計しました。

CAICTが作成したシステムは、Huaweiが5G gNodeBアンテナアレイ設計をテストするために使用されています。Huaweiは、都市や農村などの実世界環境を、測定可能で再現性のある方法でシミュレートすることができます。このシステムでは、Spirentのプローブグループ手法とSpirent Vertex 64ポートチャネルエミュレータ構成を使用して、電波無響室の内部に100MHz以上の無線チャネル帯域幅を作成しています。この設計により、HuaweiはgNodeBが作成する無線ビームパターンを捕捉し、5Gユーザーのハンドセットが見る効果を再現することができます。

中国情報通信技術アカデミーの5G製品マネージャーであるZhang Xiang博士は次のように述べています。「SpirentとHuaweiと協力して、業界が5Gを実現するために必要なテストシステムを開拓することができ光栄です。」「5Gの作業が試用版から商用版に移行するにつれて、SpirentとCAICTは実世界の追加シナリオをサポートし、5Gの機能を発展させるためのテスト方法を引き続き進化させていきます」と同氏は付け加えました。

5Gアプリケーションに高度なRFチャネルエミュレーションテスト機能をもたらすSpirentソリューションの詳細については、MWC 2018(ホール6,6J37)のブースでご覧いただけます。または、以下にアクセスしてください:https://www.spirent.com/Products/Vertex-Channel-Emulator.



プレス&エディトリアル連絡先

Americas

Cara Masessa
Merritt Group

電話番号: +1 703 390 1539

EMEA

Mark Price
Spirent

電話番号: +44 7725 724834

APAC

Janet Peng
Spirent

電話番号: +86 (10) 82330055 (ext. 160)