Spirentサークルロゴ

プレスリリース

Spirentが画期的な試験方式を用いてChina Telecomによる5Gスタンドアロンの開発の加速を支援

北京 - 2020年4月29日 – 次世代デバイスとネットワークの試験、保証、解析ソリューションにて信頼されるプロバイダー、Spirent Communications plc (LSE:SPT)は本日、5Gスタンドアロン(SA)ネットワーク機器のパフォーマンスをシステム全体で検証して評価する作業でChina Telecomと提携したことを発表しました。China TelecomはSpirent Landslideを使用し、4社のベンダーから提供された5Gコアネットワークの商業機器を素早くテストし、エンドツーエンドのシステム機能と相互運用性を検証しています。この開発により、5G SAネットワークを大規模に導入する計画が大きく前進します。

Spirent Communicationsの事業開発部門でシニアディレクターを務める、Jacky Wuはこう述べます。「5G SAコアネットワークの商業機器のパフォーマンスををシステム全体で検証する作業は、Spirent、China Telecom、4社のベンダーと合同で行われました。これは、5Gの商業化にとって大きな意味を持つ、マイルストーン的な達成です。SprientのLandslideはテストを確実に実行できるようにし、機器のベンダーがさらに最適化を行えるように重要な参照データを提供し、大規模な導入に向けた基盤を構築しました。」

Spirentの「5G:2020年の予測レポート」によると、ネットワーク機器のメーカーとオペレーターは世界中で5G SAの導入時期を前倒ししています。これは、5Gのノンスタンドアロンだけでは市場で差別化を実現できないことなど、複数の要素が原因です。企業から投資、信頼、ユースケースの採用を得るために、5Gコアネットワークのパフォーマンスが非常に重要な役割を持ちます。このため、オペレーターは様々なネットワーク要素と複雑な手順を網羅して実世界の条件をエミュレートした、現実的で真に迫るシステムの試験を早めており、信頼性と耐久性の要件の高まりに応じています。 

China Telecomでのテストでは、大規模なエンドポイントの登録、セッションのセットアップ、コアネットワークに要素におけるサービストラフィックの段階的な増加などのシナリオを試験するため、Spirent Landslideを使用して大規模な5Gデバイスと基地局がシミュレートされました。これらのテストと検証を通じて、China Telecomはシステムの安定性と、様々なベンダーから提供される5Gコアネットワーク機器によるリソースの活用度を検証して評価しやすくなります。また、5Gコアネットワークのシステムパフォーマンスに基盤のアーキテクチャが与える影響も実演し、キャリアが5G SAネットワークを早期に導入し商業化できるよう支援しています。China Telecomはサービスモデル、トラフィック率とルールで数々の画期的な成果を得て、40,000を超える識別ルールを構築し、5Gコアネットワークシステム全体のパフォーマンスと深層パケット検査の能力を徹底的に検証しました。 

SpirentのLandsildeは、Spirentのライフサイクルサービスアシュアランス部門が提供する、モバイルコアネットワーク用の高度な試験ソリューションです。このソリューションは様々なモードでワイヤレスネットワークへアクセスするモバイルデータ会員を数百万人単位でシミュレートできるため、キャリアは5Gコアネットワークや無線と交通インフラで正確なテストを実施し、5G商業化の準備ができているか評価できます。Landslideバーチャルソリューションはこの大規模な商業化パフォーマンス検証(48時間の連続稼働と99.999%の成功率の厳格な要件が付属)を成功裏にサポートしています。

Spirent Landslideテストソリューションの詳細を見る右矢印アイコン

プレス&エディトリアル連絡先

Americas

Sherri Walkenhorst
Connect Marketing

電話番号: +1-801-373-7888

EMEA

Anne Harding
The Message Machine

電話番号: +44 7887 682943

APAC

Janet Peng
Spirent

電話番号: +86 (10) 82330055 (ext. 160)