Spirentサークルロゴ

プレスリリース

SpirentとMidlands Future Mobilityが5Gネットワークの研究で画期的な成果を達成

ニュージャージー州ホルムデル、2019年10月31日 –次世代デバイスとネットワークの試験/保証/解析ソリューションの大手プロバイダー、Spirent Communications plc (LSE:SPT), は同日、英国のMidlands Future Mobility(MFM)イニシアチブを通じて、Warwick Manufacturing Group(WMG)と協同でウォーリック大学における大幅な活動範囲の拡大を発表しました。MFMはSpirentと提携して5Gデジタルツイン技術を導入します。同大学の自動車および製造技術の先端研究グループであるWMGが稼働する3xDドライブインシミュレーター内で、5Gのネットワーク接続試験を管理された環境でエミュレートします。これは次世代のモバイルユースケース研究に特化した、初の5Gスタンドアロンコアネットワークのエミュレーションとなります。ほぼ無制限の試験シナリオには、コネクテッドカーのモビリティが含まれます。

WMGの准教授であるMatthew Higgins博士はこう述べます。「Spirentのおかげで、5Gに対応した将来の産業を完全に理解し、ビジネスやコンシューマー向けに安全で管理された環境で稼働体制を構築することができるようになりました。試験対象にほとんど制約はありません。例えば、数百万もの人々が同時に利用する5Gネットワークで、インテリジェント車両、ドローン、生産用ロボットがどのような挙動を示すかを決定することは、今日の5Gネットワークではほぼ不可能です。数年後に飽和状態に達すると予想されるトラフィックの正確な実態を把握できないためです。」

MFMは拡張性のある将来のモビリティ技術とサービスの足掛かりとして、デジタルと実世界(480kmの公共道路)両方のエコシステムを提供します。同社はスマート監視、最先端のワイヤレス接続、完全なサポートネットワークを携え、多彩な公共の物理試験環境へのアクセスを支援します。5Gスタンドアロンコアネットワークと、MFMのより広範な5Gプログラムは、オートモーティブ、製造、テレコムを含む産業分野を支援し、デジタルと物理世界両方のシナリオで試験アプリケーションとプロセスを活性化させます。デジタルツイン技術は完全な管理とカスタマイズを可能にして、実際の路上で詳細なユーザー要件に焦点を当て、効果的に実現します。

Spirentで5G戦略を統括するStephen Douglasはこう述べます。「5Gは世界中の大都市で採用されており、ほぼすべての業界がこれら新規ネットワークを素早く活用してイノベーションをさらに拡大することを狙っています。Midlands Future Mobilityのおかげで、低コストな試験とエミュレーションを通じ、新たなユースケースに対応した形で5Gネットワークの仕組みを完全に理解することが可能になりました。常時接続かつ自動化されたモビリティを目指す研究分野で、英国が常に最先端に位置づけられることを可能とする、この重要なイニシアチブでMFMと提携することができ、光栄です。」

研究機関や商業組織がMFMと協力し、ライブの5Gネットワーク挙動を正確に再現する新たなユースケース実験から得られる大量のデータを安全かつ安定して収集できます。これには自律走行車アプリケーションにおける応答性限界の決定や、安全で信頼できセキュアな方法で、ネットワーク接続されたロボットが遅延を最小限に抑えて生産タスクを加速させる試験などが含まれます。MFMとの最新提携を通じ、Spirentは基礎となるエミュレーションと試験技術Landslideコアネットワーク検証ソリューションを通じて提供しており、将来的に追加コンポーネントを含めることも予想されます。

研究機関が5Gイノベーションと研究と加速化させる方法については、Spirentの最新ホワイトペーパー右矢印アイコンをダウンロードしてご覧ください。



プレス&エディトリアル連絡先

Americas

Cara Masessa
Merritt Group

電話番号: +1 703 390 1539

EMEA

Mark Price
Spirent

電話番号: +44 7725 724834

APAC

Janet Peng
Spirent

電話番号: +86 (10) 82330055 (ext. 160)