Spirentサークルロゴ

TestCenter Appliances

受賞歴のあるポータブルフォームファクタのレイヤ 2-7ルータ、スイッチ、アプリケーション、セキュリティテストソリューションを使用して、よりスマートにテストできます。

概要

前例のないスケール感とリアリズムで、よりスマートなテストを実現


当社のアプライアンスは、受賞歴のあるSpirentのレイヤ2-7ルータ、スイッチ、アプリケーションおよびセキュリティテストソリューションのパワーをポータブルなフォームファクタで提供します。サービスプロバイダ、NEM、および最新技術への対応計画している企業は、エンドツーエンドのテストソリューションとしてSpirent TestCenterを使用しています。 

  • イーサネットサービスの規模、信頼性、性能を検証 

  • アクセスポイントとデバイステストのためのWi-Fi 6マルチクライアント&APエミュレーション 

  • V2Xおよび車載ネットワークのテストを行い、自動車用イーサネット製品およびソリューションの開発を加速し、品質を向上 

詳細はこちら右矢印アイコン

ケーススタディ

自動車用イーサネットネットワークテスト(現代自動車 (Hyundai))


Spirentが、どのようにして現代自動車 (Hyundai)の設計チームをサポートし、最適なイーサネット設計を実現し、次世代自動車がIPおよびAVB規格に適合することを確保したかをご覧ください。

詳細はこちら右矢印アイコン

Ensuring next-generation vehicles conform to IP and AVB standards

特長とデータシート

Spirent TestCenter Appliances

イーサネット、無線LAN(WLAN)、自動車用イーサネットの機能、性能、適合性試験用のアプライアンスです。





Spirent C1 Appliance
エントリーレベルの価格帯で、完全なレイヤ2-7テストソリューションを提供します。
Spirent C2 Appliance
レイヤ 2-7 ルータ、スイッチ、アプリケーションのトラフィックテストを、ラボやライブネットワーキングで実施します。
Spirent C50 Appliance
Layer2-7テスト、ベンチトップまたは従来のラボ環境のための3Uフォームファクタです。
Spirent C50-100G Appliance
マルチスピード100/50/40/25/10G、レイヤ2-7トラフィック生成、解析、ネットワークエミュレーション、アプリケーションレイヤプロトコルです。
Spirent BASE-Tノイズテストソリューション
減損ジェネレーターは、最大10Gbpsの速度でトラフィックの物理層を減損します。
Spirent C50 Wi-Fi 802.11ac Wave-2 DFS
Wi-Fiパフォーマンス、マルチクライアント・エミュレーションによる機能テスト用のコンパクトな2Uデスクトップ・アプライアンスです。
Spirent C2 WLAN 802.11AXアプライアンス
2Uラック高のBase-T 5速(100Mbps/2.5Gbps/5Gbps/10Gbps)イーサネットインターフェイスと統合されたWi-Fi 6テスト。
Spirent C50 Wi-Fi 802.11ax WLAN DFS
802.11ax WLAN テストは、DFS サポートとレーダー信号エミュレーションを完全に統合しています
Spirent C50 WLAN 802.11AX HRCアプライアンス
高無線数(HRC)統合、OFDMA、MUテストによるWi-Fi 6テスト。
Spirent C50 Wi-Fi 802.11ac Wave-2 DFS
802.11ac ダイナミック周波数選択(DFS)レーダー信号エミュレーションと統合されたWave-2テスト。
Spirent Automotive C1
レイヤ2-7ソリューション、ポータブルフォームファクタ、ラインレート100/1000BASE-T1、10/100/1000BASE-T、NBASE-Tをサポートしています。
Spirent Automotive C50
レイヤ2-7ソリューション、3Uフォームファクタ、ラインレート100/1000BASE-T1、NBASE-T、1G/10GbEをサポートしています。
pirent Automotive-ComTT
適合性、性能、CANテスト、車載ネットワークのシミュレーション/エミュレーションのためのユニバーサルプラットフォームです。
正方格子

TestCenterアプライアンスが貴社のビジネスにどのようなメリットをもたらすかを紹介します。